営業上の権利の相続税評価|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

営業上の権利の相続税評価

営業上の権利の相続税評価

相続税の対象となる財産は、有形無形に関わらず、様々なものがその対象になるのですが、その中でも営業上の権利という、なかなか金額にして評価しづらいものはどのように評価されるのでしょうか?

営業上の権利というのは具体的にどのようなものが含まれているのかというと、まずは売掛金などの利益、その事業などに関する営業権や、その事業において使用されている電話の加入権などをまとめて営業上の権利と言います。

売掛金や電話加入権などは比較的数字にして評価しやすいものですが、営業権というのはなかなか具体的な数字に直すのは難しいものです。

営業権を数字にするための計算式も、相続税法における基本通達の中で定められているのでご紹介します。

平均利益金額×0.5−標準企業者報酬額−総資産価額×0.05で、まずは超過利益金額を算出し、その超過利益金額に営業権の持続年数に応じた基準年利率による複利年金現価率をかけたものが営業権の価額となり、評価に用いられます。

なお、医者や弁護士のように、その被相続者自身の能力を元に事業を行っていた場合は、その人物の死亡と共に営業権も消滅するとされているため、課税もありません。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
特定同族会社の判定方法
特定同族会社の判定方法 特定同族会社とは、被支配会社であって、被支配会社であることについての判定の基礎となった株主等のうちに被支配会社でない法人がある場合において、その法人をその判定の基礎となる株主等から除外して判定した場合においても、なお被支配会社 […]
株式保有特定会社とは
株式保有特定会社とは 非上場株式の評価において、資産の保有状況や営業状態が特殊な会社の株価評価をする場合に、上場株式の株価に比準する類似業種比準方式により評価するのが合理的でない会社も多くあります。 株式の保有割合が多い会社、土地の保有割合が多い会社 […]
比準要素1の会社とは
非上場株式の評価 非上場株式を評価する際には、会社の規模(総資産・売上高・従業員数)によって、大会社・中会社・小会社に区分され、それぞれの評価方法により評価します。 原則的評価方式では、同業種の大企業の水準を準用した「類似業種比準価額」とその会社の純 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145