祭具の相続税評価|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

祭具の相続税評価

祭具の相続税評価

相続税の課税対象とならない財産は、墓所などがありますが、祭具も相続税の課税がされない財産として定められています。

この祭具の範囲は、相続税法基本通達において定められていて、相続税法基本通達の中にはこのように記述されています。

「法第12条第1項第2号に規定する「これらに準ずるもの」とは、庭内神し、神たな、神体、神具、仏壇、位はい、仏像、仏具、古墳等で日常礼拝の用に供しているものをいうのであるが、商品、骨とう品又は投資の対象として所有するものはこれに含まれないものとする。」(出典:相続税法基本通達第12条より)

つまり、信仰の対象として使用されているものを継承する際は、相続税の課税対象にはなりませんが、商品としての上記の祭具などは継承の際に、相続税が課税される対象となってしまうということです。

例えば、仏像などで純金でできた製品が稀にありますが、これらは投資目的の祭具とみなされ、相続税の課税対象となる可能性が高いということです。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
家庭用財産の相続税評価
家庭用財産とは 相続税の課税対象となる財産には、不動産や現金のみならず、家庭用財産といった相続開始の時点で金銭的価値のあるものは全て財産として申告しなければなりません。 それでは家庭用財産とは具体的にどのようなものが含まれるのでしょうか。 家庭用財産 […]
庭園設備の相続税評価
庭園設備の相続税評価 家屋を相続する際には、その家屋の評価額に相続税が課税されます。 この家屋には、不動産登記法の規定で建物として取り扱われていて、かつ家屋として評価されているもの以外にも、電気設備や給排水設備なども家屋としての評価に含まれています。 […]
棚卸資産の相続税評価
棚卸資産の相続税評価 棚卸資産とは、販売目的で仕入れたもののまだ販売されていない商品のことを言います。 俗に言う在庫にあたります。 また、製造業などの場合は、まだ加工されていない原材料なども棚卸資産に含まれます。 棚卸資産も資産ですので、相続の対象と […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306