婚姻した者の未成年者控除について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

婚姻した者の未成年者控除について

婚姻した者の未成年者控除について

相続税法において、未成年者が財産を相続した場合、その年齢に応じて相続税の税額軽減措置を適用するというふうに定められています。

相続があった時から20歳になるまでの年数に6万円をかけた金額が控除の金額です。未成年者が相続を放棄した場合でも、遺贈によって譲り受けた財産にかかる税金は同様に控除されます。

ところで、日本では男性は18歳から、女性は16歳から、未成年でも婚姻が可能です。

もしも未成年者が婚姻した場合、民法などの私法領域では、婚姻した未成年は成年とみなされます。(借金をするときや大きな買い物をするときに、保護者の承諾が必要なくなるなど。)

それでは、私法である相続税法においても、婚姻した者の未成年者控除はなくなってしまうのでしょうか?

それは、相続税法基本通達上に記述がありますのでご紹介します。
(婚姻した者の未成年者控除)

19の3−2 法第19条の3第1項の未成年者控除の規定は、民法第753条((婚姻による成年擬制))の規定により成年に達したものとみなされた者についても適用があるのであるから留意する。(平17課資2−4改正)(出典:相続税基本通達第19条の3《未成年者控除》)

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
修正申告時における配偶者税額軽減について
配偶者の税額軽減とは 相続税には、「配偶者に対する相続税額の軽減措置」があります。 この措置は、被相続人の配偶者が被相続人の財産を相続しても、次の代に渡るわけではなく同一世代間の財産の移転になる場合が多く、近いうちにその配偶者自身の相続が生じた場合に […]
障害者控除の扶養義務者からの控除について
障害者控除の扶養義務者からの控除について 相続税では、相続人が条件を満たしている障害者である場合、税金を一定額控除する障害者控除という制度を設けています。 これは、一定の障害を持つ障害者の場合、所得がほとんどない場合が多く、相続財産により生計を立てて […]
相続税における特別障害者控除
相続税における特別障害者控除 相続税法において定められている相続税の障害者控除には、一般障害者控除と特別障害者控除という区分があります。 一般障害者は3〜6級の身体障害者手帳もしくは2級、3級の精神障害者保健福祉手帳を持っている者、または知的障害者と […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306