障害者控除の計算上の端数処理|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

障害者控除の計算上の端数処理

障害者控除の計算上の端数処理

相続税法において、障害者が相続によって財産を取得した場合には、納付すべき相続税の総額から控除を受けることができると定められています。障害者は一般障害者と特別障害者とに区別され、一般障害者の場合は6万円、特別障害者の場合は12万円を相続があったときから85歳に達するまでの年数にかけた金額が控除されることになっています。

では、この年数において端数が発生した場合、端数処理はどのようになっているのでしょうか。相続税法基本通達の中に記述があるのでご紹介します。

(障害者控除のための計算期間の端数処理)

19の4−5 法施行令第4条の4第4項第2号に規定する「当該前の相続開始の時から前号の相続開始の時までの期間に相当する年数」又は「当該前の相続開始の時から同条の規定の適用に係るその直後の相続開始の時までの期間に相当する年数」が1年未満であるとき又はこれに1年未満の端数があるときは、これを1年とするのであるから留意する。(昭47直資2−130追加、昭57直資2−177改正)(出典:相続税基本通達より)

つまり、相続税の障害者控除において、1年未満の期間は切り上げて処理されると言うことになります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
修正申告時における配偶者税額軽減について
配偶者の税額軽減とは 相続税には、「配偶者に対する相続税額の軽減措置」があります。 この措置は、被相続人の配偶者が被相続人の財産を相続しても、次の代に渡るわけではなく同一世代間の財産の移転になる場合が多く、近いうちにその配偶者自身の相続が生じた場合に […]
障害者控除の扶養義務者からの控除について
障害者控除の扶養義務者からの控除について 相続税では、相続人が条件を満たしている障害者である場合、税金を一定額控除する障害者控除という制度を設けています。 これは、一定の障害を持つ障害者の場合、所得がほとんどない場合が多く、相続財産により生計を立てて […]
相続税における特別障害者控除
相続税における特別障害者控除 相続税法において定められている相続税の障害者控除には、一般障害者控除と特別障害者控除という区分があります。 一般障害者は3〜6級の身体障害者手帳もしくは2級、3級の精神障害者保健福祉手帳を持っている者、または知的障害者と […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145