相続税早見表|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続税早見表

相続税の計算は他の税目に比べ非常に煩雑です。計算の流れを確認してみましょう。

まず、各相続人の課税価格を算出します。

算式としては、

『その相続人が相続又は遺贈で取得した財産 + 生命保険などのみなし相続財産 - 墓地などの非課税財産 + 相続時精算課税による贈与財産 - 債務、葬式費用 + 相続開始前3年以内の贈与財産』

となります。

次に、各相続人の課税価格の合計額から基礎控除を差し引いて課税遺産総額を算出します。

基礎控除は『3,000万円 + 600万円×法定相続人の数』で求めます。

次に、課税遺産総額を法定相続分で按分します。

その按分後の価格に税率を乗じて相続税の総額を算出します。

そして、その相続税の総額を実際に相続した割合で按分しなおして、さらにそこから贈与税額控除や配偶者の税額軽減等の各種税額控除を差し引いて各相続人の納付相続税額を算出します。

以上のように非常にややこしく、面倒くさいのが相続税の計算です。

このような計算をせずとも一覧で確認できるものが相続税早見表です。国税庁のHPとかに記載されているわけではありませんが、民間の会計事務所等が独自に作成してHPなどで公開しています。


税理士法人チェスターでは下記HPにおいて自動計算できるシステムもございますので是非活用してみてください。


http://chester-tax.com/mitsumori2.html

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
相続税の計算の端数処理について
相続税の計算の端数処理について 相続税の計算について端数が生じた場合の処理については、相続税基本通達において規定があります。具体的には、以下のように規定されています。 (課税価格の端数計算) 16−2 相続又は遺贈(当該相続に係る被相続人からの贈与に […]
法定相続分課税方式とは
法定相続分課税方式とは 法定相続分課税方式とは相続税の課税方式にはさまざまな種類がありますが、その中でも法定相続分課税方式についてみてみましょう。 法定相続分課税方式とは、遺産取得課税方式(遺産の分割の仕方により相続税が変わる)を基礎とした課税方式で […]
相続税の基本的な計算方法について
 相続税の基礎控除が引き下げられて相続税の課税対象者が都市部では大幅に増加します。以前は一部の富裕層だけの税金であった相続税が一般の家庭でもかかってくる可能性があります。 相続税の計算の仕組みを理解し、自分でも相続税が試算できるように相続税の計算過程 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145