自社株の相続税評価を簡単に解説、またその評価を下げる方法とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

自社株の相続税評価を簡単に解説、またその評価を下げる方法とは

事業継承することになって、自社株を相続する際、気になるのはその相続税額がどの程度かかってくるのかということです。
本来の株式の額面よりも高く相続税評価をされてしまい、税額が想像もしていなかった額に膨れ上がってしまう、というケースも稀に見受けられます。
どうしてこのような事態が起こっているのかというと、自社株の相続税評価は、単純にその額面によって行われるものではないからです。

1.自社株(非上場株式)の3つの評価方法

相続税法において、これらの株式の評価方法として3通りのやり方が定められています。
一つは純資産方式、二つ目は類似業種比準方式、そしてその2通りのやり方の併用方式という3通りです。
以上の方法で評価をされる場合、その株式を発行している会社の資産(従業員数なども含む)が多ければ多いほど、相続税評価額が高くなるというわけです。

2.どういう会社が高い相続税評価となるか

・会社の資産がおおければ多いほど
・会社の利益が大きければ大きいほど
・会社が出している配当が多ければ多いほど
・同業の業種の会社と比較して成績が良ければ良いほど

簡単にまとめると、上記のような項目があげられます。つまり、逆に会社の相続税評価を下げようと思えば、この逆を行えばよいということになります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
特定同族会社の判定方法
特定同族会社の判定方法 特定同族会社とは、被支配会社であって、被支配会社であることについての判定の基礎となった株主等のうちに被支配会社でない法人がある場合において、その法人をその判定の基礎となる株主等から除外して判定した場合においても、なお被支配会社 […]
株式保有特定会社とは
株式保有特定会社とは 非上場株式の評価において、資産の保有状況や営業状態が特殊な会社の株価評価をする場合に、上場株式の株価に比準する類似業種比準方式により評価するのが合理的でない会社も多くあります。 株式の保有割合が多い会社、土地の保有割合が多い会社 […]
比準要素1の会社とは
非上場株式の評価 非上場株式を評価する際には、会社の規模(総資産・売上高・従業員数)によって、大会社・中会社・小会社に区分され、それぞれの評価方法により評価します。 原則的評価方式では、同業種の大企業の水準を準用した「類似業種比準価額」とその会社の純 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306