遺言書の検認手続きの流れ、さらに手続きを怠るとどうなる!?|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺言書の検認手続きの流れ、さらに手続きを怠るとどうなる!?

1.検認とは!?

検認という言葉はあまり耳慣れないと言う方も多いかも知れません。被相続人が死亡した際、遺言書が残されていたら、その遺言書は検認が必要となります。検認とは、家庭裁判所にその遺言書の確実性などを確認してもらうことを
言います。

2.検認を行う必要のある遺言は自筆証書遺言のみ

遺言書には、自筆証書遺言と、公正証書遺言、秘密証書遺言という3種類がありますが、このうち、公正証書遺言以外の遺言書が発見された場合、遺族はその開封をする前に家庭裁判所に検認の請求をしなければなりません。

これらの遺言書は、家庭裁判所において相続人などが立会いの下で開封しなければ、法的な効力が認められなくなってしまいます。

家庭裁判所に持ち込む前に開封されている物や割印などがない遺言書については、改ざんなどの恐れがあるため認められません。

また、検認は遺言書の内容についての判断を行うものではなく、ただ遺言書の効力を認めるためのものであるということも注意しましょう。検認が終わると、家庭裁判所が検認調書を作成して検認済みである旨が通知されます。

3.検認手続の流れ

1)検認の申し立て
家庭裁判所へ遺言書を発見した者が、遺言書を持ちこんで手続きを申請します。

2)家庭裁判所から各相続人に検認期日の通知
家庭裁判所が、遺言によって財産を取得する者すべてに対して、検認期日を通知します。強制ではないので、そこに立ち会わなくても大丈夫です。

3)検認実施日当日
相続人立会いのもと、検認が行われ、その後、検認調書が作成された後、立ち会わなかった相続人に対して通知が行われます。

4.検認手続きを怠ってしまったらどうなる!?

5万円以下の過料(罰金)が課せられる可能性があります。
しかし、現実的には、うっかり怠ってしまったというような場合には、課せられる可能性は低いと思われます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続時精算課税制度と遺留分の関係
相続時精算課税制度と遺留分の関係 相続時精算課税制度を使って贈与を受けた財産に対して、遺留分減殺請求を受け財産を返還したときには、贈与を受けた時点の時価で課税されます。 例えば、相続時精算課税制度の適用を受けて時価1億円の土地を取得したが、相続の時点 […]
条件付き遺贈とは
条件付き遺贈とは 遺言によって被相続人の財産を贈与することを遺贈と呼びます。 相続は特別な手続きをしなくても被相続人の財産は相続開始されます。 この遺贈に、条件を付けられることを御存じでしょうか。 このように条件をつけた遺贈を条件付き遺贈と呼びます。 […]
包括受遺者とは
包括受遺者とは 包括受遺者とは、遺贈を受けたものを指して呼びます。 遺贈とは何か、包括とは何を指しているのかをまず説明しましょう。 まず遺贈についてです。 遺贈とは、被相続人が遺言により一方的意思に基づいて行う財産処理のことです。 この遺贈は特定遺贈 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306