死亡診断書の作成費用は、相続税の計算上、葬式費用として債務控除可能|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

死亡診断書の作成費用は、相続税の計算上、葬式費用として債務控除可能

1.死亡診断書とは

死亡診断書とは、診断書の一つと区分されていて、人が死亡した際、その死因などについてを記載した書類の事です。

この死亡診断書が発行されることによって、その人の死亡が証明されます。

死亡診断書は、その人を診断した医師、もしくは歯科医師でないと発行することができません。

2.死亡診断書の記載事項

死亡診断書に記載される事項として、次のようなものがあります。

まずは、氏名や性別、生年月日といった基本的な情報、死亡した日時やその場所などが記載されます。

更には、死亡の原因についての記載が細かく行われます。

死因が病気によるものであるか、もしくは受傷によるものであるかなど、また、病気による死亡であればその治療歴や、その他の手術などを行ったことがあるかなど、また、死亡が生後一年未満であった場合は、出生時体重や妊娠時の状態や、母の生年月日など、細かく記載されます。

そして、この死亡診断書とセットとなっているのが死亡届で、これに必要事項を記載して役所に提出することになります。

3.相続税の申告手続きにおいて死亡診断書が必要になる場合

死亡診断書の作成費用については、相続税の計算上、葬儀費用として相続財産から控除(マイナス)することができます。

ただ、死亡診断書の原本自体は特に相続税申告手続きで使用することはありません。

役所への提出や埋葬、生命保険金の請求時等で使用することはあるかもしれませんが。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
死亡診断書の作成費用は、相続税の計算上、葬式費用として債務控除可能
1.死亡診断書とは 死亡診断書とは、診断書の一つと区分されていて、人が死亡した際、その死因などについてを記載した書類の事です。 この死亡診断書が発行されることによって、その人の死亡が証明されます。 死亡診断書は、その人を診断した医師、もしくは歯科医師 […]
前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き
前妻の子と連絡がとれない場合の相続手続き 相続開始後は、故人の遺産を分けるために遺産分割協議を行う必要があります。 この遺産分割協議は、相続人全員で行う必要があり、相続人が1人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ところで、長い人生の中で結 […]
相続税の税理士報酬・費用の相場は、価格ドットコムと同じ?
1.遺産総額の1%が相続税の税理士報酬という相場は根拠なし!? 相続税の税理士報酬や費用というのは、あまり見慣れないものであり、初めて税理士から見積りを出された相続人は、驚くかもしれません。 税理士報酬は、平成14年から自由化されており、各会計事務所 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145