遺産分割の審判について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺産分割の審判について

遺産分割の審判について

相続が発生すると、その残された財産を複数の相続人で相続しなければなりません。

こういった場合、完璧に平等な分割を行うことは多くの場合とても難しいこととなります。

残された財産が現金だけであれば、分割もスムーズに行うことができるでしょう。

目に見えるものですし、その価値は不変のものであるからです。

しかし、残された財産が現金の他に有価証券や不動産などの、価値が変動したり人によって違うものであった場合、分割することが難しくなってきます。

相続人全員が満足するように相続を終わらせたいものですが、それはなかなか難しく、全員が納得できる分割をすることができなかった場合、家庭裁判所に「遺産分割調停」を申請して財産分割の審判を下してもらいます。

財産分割は、相続人同士での話し合いによって行うことが原則ですが、それが決裂してしまった場合、1人でも納得のいかない人のいる場合には、家庭裁判所の調停員にそれぞれの意見を聴取してもらい、判断を下してもらう必要があります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
分割協議中に相続人死亡した場合
分割協議中に相続人死亡した場合 遺産分割は相続人全員で行う必要があります。 相続人が一人でも欠けて行った遺産分割協議は無効となります。 ただ、遺産分割協議は、相続人が必ずしも一堂に会して行う必要はなく、郵送でのやり取りなどで持ち回りで遺産分割協議書の […]
配偶者が遺産分割前に死亡した場合
配偶者が遺産分割前に死亡した場合 配偶者は、必ず相続人となります(民法第890条には「常に」と記載されています)。 配偶者は、被相続人と最も深いつながりがある立場として法律上相続権は尊重されることとなっています。 そのため、遺産分け(遺産分割)をする […]
遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合
遺産分割協議後に相続財産が見つかった場合 遺産分割の終了によって故人の遺産は確定的に各人の単独所有に帰属します。 つまり、故人の死亡後、遺産分割終了までは遺産は相続人の共有状態にあることになります(民法第898条)。 遺産分割はその共有状態を解消する […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306