農地の相続について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

農地の相続について

1.農家の相続対策

農家の相続対策は、一般家庭の相続対策と同様に①節税対策、②争続対策、③納税資金対策の三本柱となります。

特に農家の場合には、納税資金について問題になることが多いため納税資金対策は必須と考えられます。

2. まずは現状把握

 納税資金対策を実施するのにも一番初めに実行しないといけないのは現状把握です。現状把握とは、財産を洗い出し、今相続が発生したとしたらどのくらいの相続税がかかるのかを把握することです。農家の場合の主な財産は農地となりますので農地の相続税評価が現状把握には非常に重要になります。

 農地は、相続税評価上、純農地、中間農地、市街地周辺農地、市街地農地の4つに区分ができます。市街地とつく農地は読んで字の如く市街化された地域に存在する農地を指します。それ以外は市街化がまだされていない地域にある農地を指します。純農地と中間農地については固定資産税評価額に国税庁が定める地域ごとの倍率表を乗じて相続税評価額を算出します。市街地周辺農地と市街地農地は宅地並みの評価額となるので、純農地や中間農地に比べ十倍や百倍になることも多々あります。

また、市街地農地については地積が広大になることも多々ありますので広大地の補正が適用可能かどうかも生前のうちに確認しておくべきでしょう。

3. 納税資金対策

納税資金対策として有効なものは下記が考えられます。

 ① 農地の売却

  現状把握により、納税資金が明らかに足りない場合には農地を金融資産に組み替えるために売却等を検討しましょう。

 ② 生命保険の活用

  生命保険は納税資金対策の定石です。相続税の試算に耐えうる保険金の契約を検討すべきでしょう。

 ③ 延納、物納の検討

  納税資金が明らかに足りない場合には延納や物納を検討します。延納や物納は要件が煩雑で、厳しい部分もあるので生前に要件を満たすか否か確認しておきましょう。

 ④ 納税猶予

  農地については、納税猶予制度が相続税、贈与税において設けられています。この制度の確認も必要となります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
第一種農地とは?第二種農地とは?
第一種農地とは?第二種農地とは? 農地の第一種また第二種とはどんな区分なのでしょうか? 「第1種農地」とは、農業公共投資(土地改良事業等)の対象となった、補助金をいっぱい使って立派に整備した農地、集団農地、生産力の高い農地で、例えば20ha以上の規模 […]
甲種農地とは?乙種農地とは?
甲種農地とは?乙種農地とは? 市街化調整区域内の「甲種農地」と「乙種農地」はどう違うのでしょうか? 「甲種農地(こうしゅのうち)」とは、市街化調整区域内にある農業公共投資の対象となった8年以内の優良農地で、規模が20ha以上、高性能な農業機械による営 […]
農業相続人とは
農業相続人とは 被相続人が農業を営んでいた場合、後を継ぐ者がいるかいないかでは大きな違いが出てきます。 相続人でその農地等を取得し、相続税納税期限までに農業を開始し、その後もその農地で引き続き農業を営んでいくと認められた人のことを農業相続人といいます […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145