死亡退職金とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

死亡退職金とは

死亡退職金とは

被相続人が企業に勤めていて、在職中に死亡した場合、支払われるはずであった退職金は「死亡退職金」として支払われます。

相続税法上では、このとき支払われる退職金やその他の功労金、それに準ずる給与の事をまとめて「死亡退職金等」と表現されています。

被相続人の死亡によってこの死亡退職金等が支給され、それが被相続人の死後3年以内であった場合には、相続財産とみなされそれを受け取った相続人には相続税が課税されます。

この死亡退職金等には、非課税枠が設けられており、その金額は500万円×法定相続人の数の計算式で算出された額となります。

ここで言う法定相続人の中に養子がいた場合、実子がいる場合には養子1人まで、実子がない場合には養子2人までを法定相続人に含めて計算することができます。

退職金やその他の給与に関する規定は会社によって様々ですので、在職中に被相続人が死亡しても支給されない場合もありますので、各自の会社の規定を良く確認するようにしてください。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
弔慰金の相続税の非課税
弔慰金の相続税の非課税 弔慰金とは、亡くなった方への弔意を表すために遺族に贈るお金のことです。 弔慰金は基本的に相続税は非課税となっています。 また、弔慰金だけでなく、花輪代なども相続税の対象にはなりません。 しかし、弔慰金の名目であっても、実質的に […]
退職手当と支払調書
退職手当と支払調書 支払調書と言うのは、例えば会社などが社員に対して給与などを支払う場合に、支払った対象は誰であるか、いくらの給与を支払ったのか、税金はいくら控除されたのか、など、必要事項を記入して税務署などに提出するもののことです。 源泉徴収の元と […]
相続税法上退職手当に該当しないもの
相続税法上退職手当に該当しないもの 相続税法において、被相続人が死亡した場合にその雇用主などから受け取る弔慰金などの金銭のうち、退職手当金や功労金およびそれらに準ずる金銭については相続税が加算される事になるのですが、では、この退職手当金等に該当しない […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145