遺産分割調停と相続登記|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

遺産分割調停と相続登記

遺産分割調停と相続登記

相続登記とは、簡単に言うと相続した不動産の名義を変更するということです。

被相続人名義であった不動産を相続した場合、その不動産の名義を相続した人、つまり新しい所有者に変更する必要があります。

この手続きは、その土地を管轄している法務局に申請して行います。

相続登記には特別に設けられた期限等はありません。

相続税申告には10カ月という期限が設けられているのですが、相続登記はできる状態になった時に行うことができます。

また、遺産分割協議がうまくまとまらなかった場合には、家庭裁判所に遺産分割調停を申し立てて遺産分割方法を確定するのですが、この調停が長引いてしまう場合があります。

そう言った場合には、とりあえず相続税申告は済ませてしまうのが一般的ですが、相続登記は遺産分割調停の審判が下されてから行っても問題はありません。

また、これは強制ではありませんが、その後のトラブルなどが起きることを考えると、やはり早めに相続登記を行うのが好ましいでしょう。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
共有名義の土地の相続について知っておきたいこと
不動産の共有は遺産分割において避けた方がいいと言われています。この記事では共有名義の土地の相続について知っておきたい問題点と、また共有が適してるケースについても解説しますので参考にしてください。 1.共有名義の土地の基礎知識 共有とは、ひとつの物を複 […]
課税時期における実際の面積と登記地積が異なる場合
課税時期における実際の面積と登記地積が異なる場合 登記所(法務局)に備置されている登記事項証明書を取得すると、表題部(土地の物理的現況について記載された部分)に対象となる土地の面積(地積)が記載されています。 また、さらに詳しく地積を測量した図面(地 […]
相続登記を一部だけできるか
相続登記を一部だけできるか 相続登記を一部だけ登記することはできるのでしょうか。 例えば、相続した土地がA、Bとあり、それを二人でそれぞれ相続することになった場合、Aは登記をしてBは登記をしない、というようなことができるのでしょうか。 相続登記は、自 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145