相続分の譲渡について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続分の譲渡について

相続分の譲渡について

ここでは、相続分の譲渡についてのお話です。

相続分は譲渡することができ、その対象となる相続分は、遺産全体に対する当該相続人の持ち分の事を指します。

また、譲渡は有償無償を問わず、行うことが可能です。

また、一部譲渡という形での譲渡も可能とされています。

正式な手続きは必要とされず、口約束における譲渡も可能です。

トラブルを避けると言う意味では、書面にその旨を残しておくのが良いかも知れません。

また、相続分の譲渡は遺産分割前に行われる必要があります。

遺産分割後には相続分譲渡を行うことができません。

受譲人は、譲渡人にかわって相続財産を管理し、遺産分割に参加する権利を取得すると言うことです。

つまり、譲渡人の相続権を取得すると言うことです。

また、譲渡した相続分は、本来の相続人が取り戻すことも可能です。

こういったやり取りはトラブルが起きやすいため、あらかじめ書面などで双方の同意があったことを残しておくのが良いかも知れません。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
一親等の血族とは
一親等の血族とは 一親等の血族とは、ご自身から起算して親または子を指します。 血族には血のつながりがある自然血族のみならず、養子縁組関係を結んだ養親・養子という法定血族も含みます。 つまり、一親等の血族とは、ご自身を基準とした場合、実親・実子・養親・ […]
相続人同意書とは
相続人同意書とは 相続発生後、故人の遺産や負債を分けるにあたっては、様々な場面で相続人の同意書が必要となるケースがあります。 現在の民法においては、故人が残された遺産・負債いずれもが相続人の意思に関わらず、すべて包括承継されることとなっています。 そ […]
相続分不存在証明とは
相続分不存在証明とは、「私は、被相続人から生前特別受益を受けていたので、相続分はありません」と証明する証書のことです。 特別受益とは被相続人から受けていた生前贈与のことで、受けていた人は特別受益者と呼ばれます。 特別受益には大学の学費、開業資金などの […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145