相続税の延納担保|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続税の延納担保

相続税の延納担保

原則として、相続税の納付方法は、金銭での一括納付とされています。しかしながら、相続税の金額が10万円以上で、一括納税ができない場合には、一定の条件を満たせば、金銭の代わりに不動産や株式などの物納や、分割払い(延納)などが認められています。

物納や延納を受けるためには、納付が困難な理由と併せて、申請書類や必要書類を税務署長に提出しなければなりません。

なお、延納の場合には、その期間中、利子税を納付する必要があり、さらに延納担保も求められます。

担保の種類としては、相続したものだけでなく、もともと相続人の財産であったものや第三者の所有するものでも良く、土地や建物などが一般的です。

その他、国債や地方債、社債、船舶、立木などや、鉄道や工場などの財団、また、税務署長が認める保証人の保証などが担保として提供できます。

違法建築や土地の利用が違法性のあるものなどは、担保として認められないこともあります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
特定物納制度とは
特定物納制度とは 相続税の納付は現金での一括納付が原則ですが、これを一括で支払うことが困難な場合には、「延納」つまり、相続税の分割払いを申告できます。 延納の許可を受けた後で、その支払いも困難になった場合に、物納への変更が認められる場合があります。 […]
超過物納とは
超過物納とは 金銭で相続税を支払うことができない場合には、不動産や株式などの物納が認められています。 このとき物納する財産の評価金額がその相続税金額を上回る場合、これを超過物納といいます。 それでは、この超過した分の差額は払い戻されるのでしょうか。 […]
共有不動産の物納可否
共有不動産の物納可否 相続税を納付する際、金銭による納税が困難であると認められた場合には、物納と言って金銭以外の財産を用いて相続税を納付することができます。 これは、金銭で納税することが困難であると認められた場合のみの特別措置です。 使用することので […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306