事業の用に供する直前に相続が発生した場合|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

事業の用に供する直前に相続が発生した場合

事業の用に供する直前に相続が発生した場合

事業の用に供する直前に相続が発生した場合には、相続した土地の相続税について、小規模宅地の特例は受けられません。

小規模宅地の特例を受けるためには、被相続人が亡くなる直前に、その土地が被相続人の事業用かもしくは居住用として使われており、また建物や構築物を建てるための宅地であることが基本条件となります。

しかしながら、相続した土地に構築物がない場合でも、建築中であったり、被相続人が事業の用に供する予定があることが、事前準備や現況などからみて明らかであれば、事業用宅地としてみなされますので、特例が適用されることになります。

なお、これらの申告は相続が発生してから10か月以内に書類を提出する必要があり、それが受理されて始めて特例が適用されます。

特例は、条件によって200平方メートル〜400平方メートルの限度まで50〜80%評価減と、節税になりますので、該当する方にとっては、書類提出はとても重要なものとなります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
小規模宅地等の特例とは ~概要・要件・質疑応答~
 相続税の各種特例のうち最重要と言っても過言ではない特例が、「小規模宅地等の特例」です。小規模宅地とあるのでなんとなく土地に関する特例なんだろうなというのはわかると思います。相続税専門の税理士が小規模宅地等の特例についてわかりやすく解説します。 1) […]
青空駐車場への小規模宅地の特例の適用可否
青空駐車場への小規模宅地の特例の適用可否 ロープなどで区切ることで駐車場として利用している、いわゆる青空駐車場は、設備資金がかからず駐車場をはじめるにあたっては始めやすいというメリットがあります。 しかし、相続税対策としては不利となる可能性があります […]
特定事業用宅地とは
1.特定事業用宅地等とは 特定事業用宅地等とは、被相続人が生前に事業をしていた建物などの敷地について、一定額を減額しても良いという相続税の特例制度(小規模宅地等の特例)の一つの種類です。特定事業用宅地等の事業とは、アパートや駐車場などの貸付事業は含ま […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145