外国居住の場合の印鑑証明の代わり|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

外国居住の場合の印鑑証明の代わり

外国居住の場合の印鑑証明の代わり

被相続人が亡くなり遺産相続する際に、海外居住の相続人がいる場合には遺産分割協議はできるのでしょうか。

現在ではこのようなケースも増えてきており、海外だからといってできないことにはなく、手続きも国内のものとそれほど変わりません。

まず、相続が決まったら、相続人の間で遺産分割について協議します。

分割の内容が決まったら、協議書を作成し、全員の署名と押印(実印)が必要になります。

その際には印鑑証明を添付するので、国内にいる相続人については問題ありませんが、海外居住者にとっては、住民票が日本にない=印鑑登録ができない、ということになります。

ではどうすれば良いかというと、海外居住の相続人は、その国の日本領事館に行く必要があります。

そして、印鑑証明の代わりとして、「サイン証明」をもらいます。

本人のサインであることが重要なので、遺産分割協議書には係員の目の前で署名をすることになります。

また、海外居住を証明するための「在留証明書」を取得しなければなりません。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
外国籍の相続人の相続権について
相続人が外国籍である場合の相続権 配偶者など相続人の中に外国籍の方がいる場合、相続権はどのようになるのか、遺産を相続できるのか気になるところです。 このケースのように外国と何らかの関わりを持つ相続のことを渉外相続といいます。 この渉外相続については各 […]
サイン証明(拇印証明)の取得方法
サイン証明(拇印証明)の取得方法 サイン証明(拇印証明)の取得方法として滞在先の海外の日本国の領事館内での取得を可能にします。 滞在先の日本大使館や、領事館で確認することが必要です。 サイン証明にも2種類のタイプがあり、しっかりと形式が分かれています […]
アメリカ市民権を持っている相続人がいる場合の手続き
アメリカ市民権を持っている相続人がいる場合の手続き 日本では、二重国籍が認められていませんから、アメリカ市民権を持っているという事は、日本国籍を失うことになります。 日本国籍がない相続人がいる場合でも、特に通常の相続と変わらず相続することができます。 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306