住宅建築資金の援助と相続税|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

住宅建築資金の援助と相続税

住宅建築資金の援助と相続税

家を新築したり、購入したりするときには、大きな買い物ですから、現金一括払いで購入できる人はそれほど多くはないでしょう。

一般的なサラリーマンの家庭でしたら、銀行などで住宅ローンを組んだり、会社から借りたり、また親に援助してもらったりすることがあると思います。

もし親から住宅建築資金を出してもらった場合、これは贈与となり、110万円以上の贈与が認められた場合には、課税対象となってきます。

生前贈与を受けた際には、相続時精算課税制度が利用できます。

これを利用すると、2,500万円まで贈与税が控除されます。

しかし、相続が発生した時点で、相続財産に贈与分を含めて計算しなければなりませんので、特に節税対策になるかといえば、そうでもなく、ただ生前贈与がスムーズに行えるというのが利点です。

なお、この制度を利用するには、65歳以上の親から子ども(20歳以上)への贈与である必要があり、1度提出すると撤回することはできません。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
住宅取得等資金の贈与について
住宅取得等資金の贈与について 住宅取得等資金とは受贈者が自己の居住の用に一定の家屋を新築、取得、増改築などに充てる金銭をいいます。(それに含まれることとして、その家屋の新築もしくは取得または増改築等とともにするその家屋の敷地の用に供される土地や借地権 […]
住宅建築資金の援助と相続税
住宅建築資金の援助と相続税 家を新築したり、購入したりするときには、大きな買い物ですから、現金一括払いで購入できる人はそれほど多くはないでしょう。 一般的なサラリーマンの家庭でしたら、銀行などで住宅ローンを組んだり、会社から借りたり、また親に援助して […]
住宅取得等資金贈与とは
住宅取得等資金贈与とは 住宅取得等資金贈与とは、父母や祖父母など直系尊属するからの贈与により、自分の住居のために建てる住宅用の家屋の新築、取得または増改築のための金銭を取得した場合のことを指します。 一定の条件を満たすなら、非課税とされます。 そのた […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145