孫養子と2割加算|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

孫養子と2割加算

孫養子と2割加算

相続税の非課税限度枠は、5000万円+1000万円×法定相続人の人数によって算出されますので、法定相続人が多ければ多いほど基礎控除の額が増え、支払う相続税も減ると思われがちです。

しかし法定相続人を増やすために生前に養子縁組を行った場合はどうなるのでしょうか。

節税対策としてそのような養子縁組が横行したため、今は養子の数を相続税の計算上、実子がある場合には1人、実子のない場合には2人に制限しています。

孫を養子にした場合、孫養子にもその財産を相続させることで将来子供にかかるであろう相続税を減らすことができます。

しかし2003年の税制改正で、孫養子も実子が存命中に養子縁組をした場合には税法上2割加算の対象となりました。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続税の計算の端数処理について
相続税の計算の端数処理について 相続税の計算について端数が生じた場合の処理については、相続税基本通達において規定があります。具体的には、以下のように規定されています。 (課税価格の端数計算) 16−2 相続又は遺贈(当該相続に係る被相続人からの贈与に […]
法定相続分課税方式とは
法定相続分課税方式とは 法定相続分課税方式とは相続税の課税方式にはさまざまな種類がありますが、その中でも法定相続分課税方式についてみてみましょう。 法定相続分課税方式とは、遺産取得課税方式(遺産の分割の仕方により相続税が変わる)を基礎とした課税方式で […]
相続税の基本的な計算方法について
 相続税の基礎控除が引き下げられて相続税の課税対象者が都市部では大幅に増加します。以前は一部の富裕層だけの税金であった相続税が一般の家庭でもかかってくる可能性があります。 相続税の計算の仕組みを理解し、自分でも相続税が試算できるように相続税の計算過程 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306