無道路地と広大地の併用|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

無道路地と広大地の併用

無道路地と広大地の併用

不動産や土地などの資産はそれ自体が高額のため、その相続税額も高くなりますので相続人にとっては頭の痛い問題です。

一番の節税対策はその土地の評価額を下げることですが、土地評価額というのはどのように決まるのでしょうか。

一般的にその土地の評価額というのは路線価に基づき算出されますが、評価人の力量によっても左右されますので過大評価され実際の評価を伴っておらず、したがって多額の相続税を納めなければならないということになりかねません。

特に公道に接していない無道路地と呼ばれる土地、500?以上あり都市整備をしたときに道路が必要な広大地などがその例です。

不便な場所、あまりに広い土地などはなかなか買い手がつきませんし、その利便性から土地価格は同じ路線価上の他の場所よりも低く評価されるべきです。

その土地が無道路地、または広大地に認定されただけでも多くの減税が見込まれますので、とても有効な節税対策といえます。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
広大地判定のフローチャート
広大地判定のフローチャート 広大地のフローチャートに該当するには、以下4つのすべて要件を満たすことが必要となります。 まず第1に、大規模工場用地に該当しないことです。(50,000㎡以上の「大工場地区」の土地の場合には、広大地適用不可となります。) […]
無道路地と広大地の併用
無道路地と広大地の併用 不動産や土地などの資産はそれ自体が高額のため、その相続税額も高くなりますので相続人にとっては頭の痛い問題です。 一番の節税対策はその土地の評価額を下げることですが、土地評価額というのはどのように決まるのでしょうか。 一般的にそ […]
マンション適地と広大地評価
マンション適地と広大地評価 広大地の判定にあたってのきにマンション適地とは、マンション用地に適した土地のことです。 つまり分譲マンションデベロッパーが分譲マンション用地として買いたい、不動産業者が賃貸マンション用地として買いたい、と思うような土地のこ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145