税理士法第33条の2とは|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

税理士法第33条の2とは

税理士法第33条の2とは

税理士法第33条の2には、

『税理士又は税理士法人は、国税通則法第16条第1項第1号に掲げる申告納税方式又は地方税法第1条第1項第8号若しくは第11号に掲げる申告納付若しくは申告納入の方法による租税の課税標準等を記載した申告書を作成したときは、当該申告書の作成に関し、計算し、整理し、又は相談に応じた事項を財務省令で定めるところにより記載した書面を当該申告書に添付することができる。』

とあります。

つまりその会社の税務申告が適正なものであり、申告書作成にも協力的で、脱税、粉飾決算などの違法行為は認められないと税理士が独立的かつ公正に判断し、その申告内容に責任を持つ旨を書類として添付することが出来ます。

もしその企業に違法行為があったことが発覚すれば税理士も罰せられます。

この書類添付によって税務署は申告内容以外の多くの情報を入手することができ、申告書の信頼性が上がりますので、税務調査が行われない、または簡略されるなどのメリットがあります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続税申告にかかる税理士報酬の相場について
遺産総額の0.5%〜1%が基準!? 相続税の税理士報酬は、昔は「税理士報酬規程」により決まっていましたが、今から数年前に自由化されました。つまり会計事務所が自由に相続税申告報酬を決定できるのです。相続税の申告についての税理士費用は、一般的には遺産総額 […]
税務署への相談での注意点(相続税)
税務署への相談での注意点(相続税) 相続税に関する相談をしたい場合、どこに相談にいくべきかというのは、非常に難しい問題ということができます。 まずは、相続税関連の書物に目を通し、少しでも相続税に関してご自身で理解するよう努めることも重要です。 相続税 […]
税理士の税務相談の費用相場
税理士の税務相談の費用相場 税理士の報酬金額は、報酬規定の廃止により、自由に料金を設定することが可能となりましたが、顧問料にもある程度の相場が見られます。 法人である場合、毎月にかかる費用は3万円から5万円、決算時にかかる費用は20万円程度が目安とさ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145