DESと贈与税の関係|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

DESと贈与税の関係

DESと贈与税の関係

資金繰りに困った会社の社長が自社に資金を貸し付けたとします。

この場合、会社にとって社長から借入金があると本来はされるところですが、DESという手法を使うことによって債務を減少させるだけでなく資本を増強させることも可能です。

DESとはデット・エクイティ・スワップの頭文字をとっています。

DESとは会社の債務と資本を交換することで、通常なら借入金に当たるものを、会社の株式を発行することでその借入金を資本に振り替える方法です。

債務者は借入金を返済しなくてもすみますが、債権者が第三者の場合、会社の株式を手に入れることによって経営に参加することもできるようになります。

DESには債務を帳消しにし資本を増強することが出来るというメリットがありますが、場合によっては贈与税を課されることがありますので注意が必要です。

貸付金と同額の株式を発行するのであれば問題ありませんが、貸付金より少額の株式しか発行されなかった場合、1株あたりの株式の価値が上がるため、社長から既存株主への贈与が行なわれたとみなされ、贈与税が課されることがあります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
DESと贈与税の関係
DESと贈与税の関係 資金繰りに困った会社の社長が自社に資金を貸し付けたとします。 この場合、会社にとって社長から借入金があると本来はされるところですが、DESという手法を使うことによって債務を減少させるだけでなく資本を増強させることも可能です。 D […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306