負担付贈与と相続時精算課税|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

負担付贈与と相続時精算課税

負担付贈与と相続時精算課税

負担付き贈与とは、受贈者(財産をもらう立場)の方に一定の義務を負わせることを条件として贈与契約を結ぶことをいいます。

贈与は贈与者(財産をあげる方)は無償で、対価を得ずに財産を譲ることが贈与の意味ですが(民法第549条)、贈与にあたって一定の負担を負わせることは差支えがないとされています。

例えば「A土地は長男○○に贈与する。ただし、母の老後の面倒を見ること」などの形で贈与が行われます。

負担付き贈与については、受贈者が一定の義務を履行した後は、贈与者において贈与を取り消すことができなくなります。

また、担保責任(贈与目的物に問題があった時にその補填をする責任)が生じる可能性がありえます。

相続時精算課税制度とは

一方で相続時精算課税制度とは、贈与をしやすくして財産の社会での流通を促進しようとする制度です。

平成15年に導入され、2500万円までであれば贈与税は無税となります。

2500万円を超えた場合でも、贈与税の税率は一律で20パーセントととなります。

老齢などにより、財産の承継を考えつつも、贈与税の高い税率から贈与を差し控えるむきがあったことから、贈与をしやすくして、ひいては購買意欲・消費意欲が高い若い世代に財産が移転することで社会への資金流入を多くすることが目的の制度です。

相続時精算課税制度は、通常の贈与税(暦年課税制度)と選択して利用することができますが、一度相続時精算課税を利用した場合には暦年課税制度に戻ることができません。

相続時精算課税制度と負担付き贈与の利用

ところで、この負担付き贈与と相続時精算課税制度について、相続税対策として土地建物のうち、建物のみを子息に贈与した場合に問題とならないかが議論となりました。

具体的には、建物が賃貸物件である場合に敷金返還債務を子息に引き継がせることを条件として贈与をした場合に、これが相続税法上負担付き贈与に該当しないか否かです。

このような贈与を行うことで、賃料収入は子息のものとなるので、相続税の支払資金を推定相続人において貯蓄しておくなどができるというメリットがあります。

しかし、敷金返還債務を承継することが、負担付き贈与と認定された場合には、相続税における評価は、時価によるという通達があります。

そこで、この贈与が相続税法上の財産評価においても、負担付き贈与となるかが争点となりました。

これについて国税庁回答は、敷金返還債務を承継しかつ、その返還敷金相当額分の現金も贈与しているのであれば、税法上は負担付き贈与とはならないと判断しました。

この点は明確に民法の理解とは異なりますが、税法上の公正な賦課徴収の観点からは妥当な判断であったということができると言えます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
特定贈与財産とは
1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]
贈与税の時効
贈与税の時効 贈与税の徴収権には時効があります。 贈与税は租税債権であり、国の債権ですので国税通則法に基づき6年で時効にかかります。 ただ、虚偽申告その他不正の手段により贈与税の申告を免れた場合には、例外として7年の時効となります。 贈与税の基礎控除 […]
債務免除と贈与
債務免除とは 民法519条に『債権者が債務者に対し債務を免除する意思を表示したときはその債権は消滅する』とあるように、債権者がその権利を放棄することで債務者の債務が免除されることを債務免除といいます。 債務免除が行われた場合、本来債権者へ弁済されるべ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145