贈与税の外国税額控除|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

贈与税の外国税額控除

外国税額控除の定義

我が国に居住を設けている者は、自身が得た所得が国内で得たものか国外で得たものかを問わず、すべての所得について所得税が課税されます。

その場合、国外で得た所得に対してその国で課税された後の所得にさらに我が国の所得税が課されることになります。

この国際的な二重課税を調整する目的として、一定額を所得金額から差し引ける制度、これを外国税額控除と言います。

贈与税における外国税額控除について

我が国では、贈与が行われた場合、贈与財産を受け取った者(受贈者)に対して納税義務が発生します。

例) 日本でAさんがBさんに資産を贈与
解説) この場合、Bさん(受贈者)に贈与税の納税義務が発生します。しかし、国外では贈与財産を受け取った者(受贈者)ではなく、贈与をした者(贈与者)に対して納税義務が発生する国もあります。(アメリカ合衆国の連邦贈与税等)

例) アメリカ合衆国でAさんがBさんに資産を贈与
解説) この場合、Aさん(贈与者)に連邦贈与税の納税義務が発生します。

では、 資産をアメリカ合衆国のAさんが日本のBさんに贈与した場合(贈与者Aさん、受贈者Bさん)、税金はどうなるのでしょうか?
Aさんがアメリカで連邦贈与税を支払い、Bさんが日本で贈与税を支払わなければならないのでしょうか?

国税庁によりますと、 外国税額控除の対象はあくまで贈与財産そのものであるので、Aさんが贈与者としてアメリカの連邦贈与税を支払っている場合、Bさんはその税額を限度として、贈与税の外国税額控除を受けることができます。

外国において納税済みの税額については二重課税がないように日本での納税額から控除される、という仕組みになっています。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
贈与税の外国税額控除
外国税額控除の定義 我が国に居住を設けている者は、自身が得た所得が国内で得たものか国外で得たものかを問わず、すべての所得について所得税が課税されます。 その場合、国外で得た所得に対してその国で課税された後の所得にさらに我が国の所得税が課されることにな […]
受贈者が外国にいる場合
受贈者が外国にいる場合 受贈者の国籍に関わらず、日本に住所をもつ個人に対して贈与されたすべての財産に対して贈与税は課されます。 また、贈与された財産が国内のものであっても国外のものであっても課税対象になります。 贈与税に関しては受贈者が日本国内に住所 […]
国外財産と贈与税
国外財産と贈与税 受贈者の国籍に関わらず日本国内に住所を有していれば、国内財産だけでなく国外財産も課税対象になり、贈与された財産すべてに贈与税が課税されます。 日本国内に住所を持っていなくても受贈者が日本国籍を有している場合、国内、国外の財産すべてに […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306