住宅ローンの相続について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

住宅ローンの相続について

住宅ローンの相続について

相続で住宅を相続したときに、その住宅のローンがまだ払い終わっていないというケースは多いと思います。

相続では、住宅、預貯金などのプラスの財産だけではなく、借金などのマイナスの財産も引き継ぐことになります。

ですから、残っている住宅ローンの支払い義務も当然相続しなければなりません。

このとき、この住宅を相続してこれからもここに住むという人がそのローンを支払うのが当然と考えるかもしれませんし、実際にそのようにしている場合が多いです。

しかし、相続人の間で話し合いによって誰がローンを引き継ぐかを決定したとしても銀行に承認を得ないうちは、相続人全員に債務があり、債権者である銀行には「住んでいる人に請求してくれ」とは言えません。

ですから、誰がローンを支払うか、遺産分割協議や遺言などで決まっていたとしても、債務者である銀行に承認を得ておかなければなりません。

最近では、生命保険付き住宅ローンなどが多く、遺族がローンの支払いをしなくてもよい場合があります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
重畳的債務引受とは
「重畳的債務引受」とは 債務引受の方法には、「重畳的債務引受」と「免責的債務引受」があります。 債務引受けとは、債権者へ負っている債務を第三者が債務者に代わって引き受けるということです。 債務引受のうち「重畳的債務引受」とは、債務を引き受ける側が、当 […]
免責的債務引受とは
免責的債務引受とは 免責的債務引受とは、債権者に負っている債務を第三者が債務者の代わりに引き受けることです。 これがなされると、債務は旧債務者から新債務者に完全に移転するため、旧債務者は債務を免責されます。 よって、以後債権者は旧債務者に対して取り立 […]
債務控除ができる公租公課
債務控除ができる公租公課 相続税は、被相続人の方が保有されていた不動産や預貯金などの積極財産(プラスの財産)から、債務を差し引いた後の正味の財産に課税されます。 そのため、相続に際して、債務を相続されている場合には、相続税の計算上、債務を差し引くこと […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145