外国籍の相続人の相続権について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

外国籍の相続人の相続権について

相続人が外国籍である場合の相続権

配偶者など相続人の中に外国籍の方がいる場合、相続権はどのようになるのか、遺産を相続できるのか気になるところです。

このケースのように外国と何らかの関わりを持つ相続のことを渉外相続といいます。

この渉外相続については各国ごとに考え方が異なり、全ての財産を被相続人の本国法で決めるという相続統一主義と、遺産の種類により拠り所とする国の法律が異なる相続分割主義という2つの考え方があります。

日本においては、相続統一主義の考え方を採用しており、「相続は、被相続人の本国法による(法の適用に関する通則法第36条)」と定められています。

つまり、被相続人が日本国籍であれば、日本の法律に従って相続が行われます。

この日本の法律に従った場合、相続人の国籍は一切関係なく、外国籍の相続人には、日本国籍の相続人と同じ相続人としての権利や義務が発生します。

また、なかには、結婚後も配偶者在留資格が取れずに短期ビザの更新を繰り返している場合もありますが、配偶者在留資格の有無、ビザの種類、婚姻の期間や同居の期間も、相続権の有無については関係なく、日本の法律に従って相続が行われることとなります。

なお、遺言についても、日本では「遺言の成立及び効力は、その成立の当時における遺言者の本国法による(法の適用に関する通則法第37条)」と規定されています。

そのため、日本国籍の遺言者の場合は、相続人の国籍に関わらず、日本の法律に従って遺言を作成することとなります。

外国籍の相続人がいる場合の相続登記

相続登記についても、日本国籍の相続人の場合と同様です。

相続する権利を証明する書類としては、その関係が記載されている被相続人の戸籍謄本または除籍謄本を添付します。

住所を証明する書類としては、平成24年7月9日からは登録原票記載事項証明書に代わって住民票の写しを添付します。

住民票の写しは、以前は発行ができなかったため、登録原票記載事項証明書を添付していました。

平成24年7月9日から外国人登録制度が廃止となり、中長期在留者や特別永住者等については住民基本台帳に記載され、住民票の写しの交付が可能となっています。

ただし、当該住民票の写しには、2012年7月8日以前の居住歴、父母や配偶者の氏名、氏名・国籍の変更履歴、上陸許可年月日等は記載がされていないため注意が必要です。

外国人登録原票に記載された過去の登録事項について証明が必要なときは、「外国人登録原票の写し」を法務省に直接請求する必要があり、この場合には取得までに長期間必要となります。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
外国籍の相続人の相続権について
相続人が外国籍である場合の相続権 配偶者など相続人の中に外国籍の方がいる場合、相続権はどのようになるのか、遺産を相続できるのか気になるところです。 このケースのように外国と何らかの関わりを持つ相続のことを渉外相続といいます。 この渉外相続については各 […]
サイン証明(拇印証明)の取得方法
サイン証明(拇印証明)の取得方法 サイン証明(拇印証明)の取得方法として滞在先の海外の日本国の領事館内での取得を可能にします。 滞在先の日本大使館や、領事館で確認することが必要です。 サイン証明にも2種類のタイプがあり、しっかりと形式が分かれています […]
アメリカ市民権を持っている相続人がいる場合の手続き
アメリカ市民権を持っている相続人がいる場合の手続き 日本では、二重国籍が認められていませんから、アメリカ市民権を持っているという事は、日本国籍を失うことになります。 日本国籍がない相続人がいる場合でも、特に通常の相続と変わらず相続することができます。 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145