死亡共済金にかかる相続税について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

死亡共済金にかかる相続税について

死亡共済金にかかる相続税について

故人が生前に各種共済に加入されていた場合には、死亡共済金が支払われることがあります。死亡共済金は、課税対象となります。

ただ、課税の方法がやや複雑となり、契約のタイプによって相続税か所得税、あるいは贈与税のいずれかが課税されることとなります。

死亡共済金のそれぞれの課税タイプ

まず、契約者と被共済者(亡くなられた方)が同一の場合で共済金受取人が異なる場合、相続税が課税されることとなります。

例えば、夫が加入し、被共済者が夫である場合に受取人が妻であるというようなケースです。
この場合、相続税がかかる可能性はありますが、相続税の基礎控除額は大きいので結局として課税がされない可能性が高いと言えます。

次に、契約者と共済金受取人が同一である場合には、所得税・住民税が課税されることとなります。
例としては夫が資金を出して妻が掛けていた共済金について、妻が亡くなったため夫が受け取るようなケースです。

この場合には確定申告により所得税が発生する可能性があります。

さらに、契約者と被共済者及び共済金受取人がそれぞれ異なるケースが考えられます。この場合には贈与税がかかります。
例としては、妻が契約者となり、被共済者が夫であり、共済金受取人を子としていたようなケースです。この場合には贈与税が発生します。贈与税の基礎控除額は110万円となります。

このように死亡共済金受取人に対する課税は、契約がどのような形態であるかによって異なることとなります。

この三者の税負担の重さを比較しますと、贈与税の税負担所得税より重いということになります。

相続税の場合には、基礎控除額が贈与税よりも圧倒的に高額ですから、死亡共済金が控除額以内でしたら、税金がゼロになります。

このように税負担の程度は、どのようなタイプの共済に加入されていたかによって大きく異なることとなります。

そのため、共済契約の形を見直すということもひとつの相続税対策としては有効です。

例えば相続税が発生する可能性が少ない場合には、契約者・被保険者ともに同じとする契約にすることが考えられます。

このように将来の相続に備えて共済契約を見直すことも重要です。

共済金を有効に活用するために

ただ、共済は実質的には保険と同じように万が一の時のために、ご自身やその周りの方が困らないようにするということが最大の目的です。

そのため、相続税対策のみを考えて契約を見直すということは得策ではないので、親しい保険代理店やファイナンシャルプランナーなどに相談の上、共済契約の形態を考えるということがもっともおすすめできます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続した株式に関わる配当金は相続財産に該当するのか!?
亡くなった方が株式等を持っていた場合において、その株式等に係る配当については相続財産に該当するのでしょうか。また、そもそも配当自体を受け取ることができるのでしょうか。 1.亡くなった方名義の株式の配当金はもらえるのか まず、亡くなった方名義の配当金が […]
未収配当の相続
相続税の計算において含める必要があるかどうか 相続財産に株式がある場合で、相続開始時点で株式の配当金をまだ受け取っていない場合にも、相続財産に計上されるのでしょうか。 株式の配当金は、相続開始時点ではまだ確定していないものの、後に株主総会で確定します […]
立木の相続税評価についての基礎知識と評価方法
家の庭に木が立っていた場合に、いわゆるその「立木」を相続財産として計上すべきか、計上する場合には立木の相続税評価はいくらになるのかと悩まれる方も多いと思います。この記事では立木の相続税評価についての基礎知識と相続税評価の方法を解説していますので参考に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306