県民共済にかかる相続税について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

県民共済にかかる相続税について

県民共済にかかる相続税について

都道府県民共済とは、消費生活協同組合法に基づいて設立されている非営利の生活協同組合です。

都道府県の認可のもと、消費者の生活の利便と生活の質の向上、消費者の利益を守るための活動を行っています。

県民共済は事業内容として保険業務を取り扱っています。県民共済の保険商品は、低額の掛金で比較的手厚い補償を受けることができ、大変便利です。

県民共済の仕組みは一般の保険会社の商品とほぼ同じです。

では、死亡に関して死亡共済金が支払われる場合の相続税の取り扱いはどのようになっているのでしょうか。

県民共済への課税の仕組み

県民共済の死亡共済金に関する課税の仕組みとしては、契約者(掛け金を負担している人)被共済者(亡くなった人)共済金の受取人との関係によって、課税される税金の種類や課税の方法が異なり、所得税や贈与税などが課税されることとなっています。

まず、契約者と被共済者が同一なら、受けとった死亡共済金には相続税が課税されます。

掛け金を負担していた人が、共済金の受取人であれば、この死亡共済金に対して所得税が課税されます。

所得税は、死亡共済金から払った掛け金と50万円を差し引いた額の半分に課税されます。また、掛け金を負担している人と被共済者と共済金受取人がそれぞれ違う人であると、贈与税が課税されます。

贈与税の基礎控除額は110万円です。一方、死亡共済金以外の共済金、例えば、重度障害共済金、入院共済金、手術共済金、がん特約の共済金などは非課税となっています。

保険商品の選び方

保険商品を選ぶにあたっては、ライフステージ(年齢)やご職業、利用目的(保証の充実・相続税対策など)などに着目して必要と考える保険商品を選ぶことが非常に重要となります。

ただ、保険商品は内容が複雑であり、しかも商品の数がとても多いため、ご自身に完全にあった商品を1つだけ選ぶということは大変難しいということができます。

この点、県民共済は掛金が安い割には補償内容が充実していることから、それぞれの目的に適合した商品を選びやすいということができます。

また、安い掛金ですので、県民共済に加入した上で他の保険商品を探すということも可能です。このように県民共済は加入のメリットが多いので、加入を検討されたり、ご子息などに加入を勧めたりすることもおすすめできます。

県民共済のパンフレットはインターネットや電話などで請求することができ、加入申込もインターネットで必要事項を入力し、出力(印刷)することで簡便に作成することができます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続した株式に関わる配当金は相続財産に該当するのか!?
亡くなった方が株式等を持っていた場合において、その株式等に係る配当については相続財産に該当するのでしょうか。また、そもそも配当自体を受け取ることができるのでしょうか。 1.亡くなった方名義の株式の配当金はもらえるのか まず、亡くなった方名義の配当金が […]
未収配当の相続
相続税の計算において含める必要があるかどうか 相続財産に株式がある場合で、相続開始時点で株式の配当金をまだ受け取っていない場合にも、相続財産に計上されるのでしょうか。 株式の配当金は、相続開始時点ではまだ確定していないものの、後に株主総会で確定します […]
立木の相続税評価についての基礎知識と評価方法
家の庭に木が立っていた場合に、いわゆるその「立木」を相続財産として計上すべきか、計上する場合には立木の相続税評価はいくらになるのかと悩まれる方も多いと思います。この記事では立木の相続税評価についての基礎知識と相続税評価の方法を解説していますので参考に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306