共有名義の土地の相続について知っておきたいこと|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

共有名義の土地の相続について知っておきたいこと

不動産の共有は遺産分割において避けた方がいいと言われています。この記事では共有名義の土地の相続について知っておきたい問題点と、また共有が適してるケースについても解説しますので参考にしてください。

1.共有名義の土地の基礎知識

共有とは、ひとつの物を複数人が共同で所有している状態をいいます。

共有の場合には、各相続人は目的物を持分の価格に従い、全体を使用することができます。

極端な例ですが、土地について100分の1を持つ共有者と100分の99を持つ共有者がいた場合において、それぞれの共有者の利用方法は平等です(民法第249条)。

しかし例えば共有している土地を賃貸して賃料収入があるような場合には、各共有者が共有持分割合相当の賃料を得る権利があります。税務上の所得税の確定申告でも共有割合(持ち分割合)に応じて賃料収入の確定申告を行います。

ただ、共有物の状態を変更したり、処分するなどの際には共有持分に応じて、発言権が異なることとなります(具体的には民法第250条以下に規定されます)。

共有は、動産でも共有状態が生じることもありえますが、不動産の共有が問題となることが圧倒的に多いと言えます。

不動産の共有状態は、例えば、土地を夫婦名義にされるなどのケースが考えられます。

不動産の共有状態は不動産登記において公示される(登記事項証証明書に記載されること)ので、共有状態の土地などは登記がされていれば容易に判別することができます。

 

2.共有のもたらす問題点

しかし、共有名義の土地については、相続にあたっては様々な問題が生じる可能性があります。

ひとつは共有持分のさらなる細分化という問題です。

例えば、土地を2分の1ずつ共有している場合に、共有者の一方がお亡くなりになって相続が開始した場合には、共有持分が相続人の数だけ細分化することとなります。

すると、利用者が増えてしまい法律関係が著しく複雑になってしまうという可能性があります。

土地の共有者が増えると複数の利害関係人が登場し、土地を売却したいときや活用したいときに全員の意見がまとまらないという問題は度々発生します。

ふたつ目として、遺産分割などを行うことが困難になるということがあります。

共有関係を解消して単独所有とするためには共有者全員で遺産分割協議(あるいは共有物分割協議)などを行う必要があります。

しかし、共有関係が複雑化した場合には、協議に非協力的な持分所有者が生じる可能性があります。

特に、土地の相続に際して、故人の前配偶者の子息等が共有持分権を相続した場合などには意思疎通が困難になる可能性があります。

共有関係は可能な限り早いうちに解消することや遺言書を作成することにより将来問題が生じないように対処をしておくなどが重要となります。

よく相続で相続人が平等にしたいからといって不動産も含めて全てを法定相続分割合で分割するケースがありますが、このような遺産分割は避けたほうがいいでしょう。

仮に相続時点では相続人の仲がよく円満であっても、子供の内の誰かが亡くなり次に相続人となった人と引き続き仲が良いという保証はないためです。遺産分割の時点から先の相続まで見据えて分割方法を考えることが大切です。

3.共有状態の解消についての公的制度

なお、共有名義の土地を相続した場合に、相続人間で話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所において遺産分割に代わる処分を求めることが可能です。(民法第907条第2項)

この場合には、司法書士・弁護士などに相談することとなってしまい、事実上の手間や高額な報酬などが生じてしまうおそれがあるため、共有状態は、やはり相続開始前に解消したり、遺言による解消を目指すことがおすすめできます。

4.共有による遺産分割が適してるケース

 ここまでは共有による遺産分割はお勧めできないと記載しましたが、共有が適しているケースもあります。具体例でみていきましょう。

田中さん一家は父が亡くなり、子供3名で遺産をどのように分割するかの話し合いをしていました。父の遺産は、自宅(3000万円相当)と僅かな預貯金のみです。

そこで子供3人は遺産分割後に自宅を売却して金銭で分配することを話し合い、自宅を3名の共有名義にした後で自宅を売却して各自が1000万円ずつを受け取りました。

このように遺産の大半が不動産で平等に遺産分割することが難しい場合には、いわゆる換価分割といって売却を前提とした遺産分割をすることができます。すぐに売却することに共有者全員が同意しているため、共有のデメリットを受けることなくスムーズな遺産分割が可能となります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
共有名義の土地の相続について知っておきたいこと
不動産の共有は遺産分割において避けた方がいいと言われています。この記事では共有名義の土地の相続について知っておきたい問題点と、また共有が適してるケースについても解説しますので参考にしてください。 1.共有名義の土地の基礎知識 共有とは、ひとつの物を複 […]
課税時期における実際の面積と登記地積が異なる場合
課税時期における実際の面積と登記地積が異なる場合 登記所(法務局)に備置されている登記事項証明書を取得すると、表題部(土地の物理的現況について記載された部分)に対象となる土地の面積(地積)が記載されています。 また、さらに詳しく地積を測量した図面(地 […]
相続登記を一部だけできるか
相続登記を一部だけできるか 相続登記を一部だけ登記することはできるのでしょうか。 例えば、相続した土地がA、Bとあり、それを二人でそれぞれ相続することになった場合、Aは登記をしてBは登記をしない、というようなことができるのでしょうか。 相続登記は、自 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306