相続税の増税について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続税の増税について

相続税の増税について

相続税は、2003年の改正で、最高税率が70%から50%に引き下げられ、税率区分を広げました。

ですが、実際に相続税がかかる割合は、基礎控除があるため、相続全体のおよそ4%ほどしかありません。

しかし、近年の国の税収不足が深刻化し、増税が検討されてきました。今回の相続税改正のポイントとなるのは、基礎控除額の引き下げです。

今までは、5千万円+1千万円×相続人が基礎控除額でしたが、改正後は3千万円+6百万円×相続人に変更される予定です。課税対象をさらに増やそうとする改正です。

そのほか、相続税最高税率が50%から55%に引き上げられ、一つの相続から得られる税収も増えることになります。

この改正案は、2011年の改正を予定していましたが、野党の合意が得られず未成立となっており、2012年度の協議へ先送りされることになりました。

また、東日本大震災の復興に充てる臨時増税については、所得税などにとどまり、相続税は除外するという最終案が明らかになりました。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続税の時効
相続税の時効について 相続税は国税であり、国の債権です。国税債権は国税通則法の定めに従い、原則として5年で時効にかかります。 つまり、5年間相続税を納付しないことで相続税の負担から免れることとなります。この時効制度の存在理由(趣旨)については、様々な […]
遺産取得税方式とは
遺産取得税方式とは 相続財産の相続税評価においては、遺産課税方式と遺産取得課税方式とに大きく分けられます。 まず、遺産課税方式とは、相続人の人数や相続の配分などに関係なく、被相続人の財産(合計)に着目して評価をするやり方です。 まずはその被相続人の持 […]
養子縁組前の3年内加算について
養子縁組前の3年内加算について 相続税はその法定相続人が多いほど非課税対象額が多くなることはご存知の方が多いはずです。課される相続税の対象財産はどこまでのことを指すのでしょうか。 相続税の節税対策として一般的なのは生前贈与、つまり財産の一部を相続人に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145