相続対策で法人化をするメリット|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続対策で法人化をするメリット

相続対策、税金対策で法人化するとメリットがあると言われていますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

1. 所得の分散効果

一番のメリットは、所得を分散できることでしょう。所得税は累進課税となっていて所得が多くなればなるほど税率が高くなります。最高税率は住民税と合わせて55%となります。したがって、所得を減らせば税率が下がり、結果として所得税、住民税を節税することが出来るのです。ではどのように所得を減らせば良いかということですが、ここで法人を絡ませます。
例えば、父が年間4,000万円の利益を稼ぐ賃貸アパート所有しているものとします。父は毎年4,000万円に対して1,700万円くらいの所得税と住民税の負担を強いられます。そこでその賃貸アパートを法人に譲渡し、その法人の役員に母と長女と長男に就任してもらいます。そうすることで利益4,000万円を下記のように分配できたとします。

 ・父 400万円(地代として) 

 ・母 1,200万円(役員給与として)

 ・長女 1,200万円(役員給与として)

 ・長男 1,200万円(役員給与として)

上記条件で4名の所得税、住民税の合計は800万円くらいになります。

※ 社会保険は考慮していません

※ 法人には利益を残さないものとして計算しています

したがって、法人化したことにより1,000万円近くも税金を節税できているわけです。

これが10年続けば1億円となりますので、所得分散により非常に大きな節税が実現するのです。

2. 経費の範囲が広がります

法人化のメリット2つ目は、法人の場合には落とせる経費の範囲が格段に広がります。一番影響の大きいのは生命保険ではないでしょうか。個人の場合の生命保険では、生命保険料控除として数万円所得からマイナスできる程度ですが、法人で生命保険に加入すれば契約によっては全額損金に落とせるものもあります。また、退職金を支給できたりと法人の経費範囲拡大のメリットは様々あります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続対策で法人化をするメリット
相続対策、税金対策で法人化するとメリットがあると言われていますが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。 1. 所得の分散効果 一番のメリットは、所得を分散できることでしょう。所得税は累進課税となっていて所得が多くなればなるほど税率が高くなり […]
相続税対策について
相続税対策について ここでは相続税対策についてお話しましょう。 財産相続と切っても切れない関係にあるのが相続税です。 この相続税を納税する際には、多額の現金が必要になる場合があります。 相続税の納付は、原則として現金で一括納付しなければなりませんので […]
生前相続とは
生前相続とは 生前贈与とは、自分の財産を生きているうちに贈与することです。 それによって受け取る側の人は、相続する金額は少なくなるわけです。 しかし、以前ではその様に生前贈与する人は多くはありませんでした。 なぜなら、生前贈与をすると、贈与税が課せら […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306