海外にある財産の遺産相続手続きについて|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

海外にある財産の遺産相続手続きについて

海外にある財産の遺産相続手続きについて

海外にある財産の遺産相続手続きについてですが、ます国際私法により渉外的私法関係に対して適用すべきもの として指定された一定の法域における法である準拠法に従うことになり、基本的には被相続人の国籍のある国の法律が適用になります。

日本人が亡くなった場合であれば、日本法により相続人の確定や相続分の決定がなされることになります。

但し、いくつかの例外があり、不動産や信託財産などについては、現地の法律が優先することになります。

たとえば、ジョイント・サバイバーシップの規定によって、生存している配偶者が不動産を取得することが定められている場合には、遺産分割に優先して、ジョイント・サバイバーシップの規定によって不動産の所有権が定められることになります。

日本の場合、被相続人の銀行預金を下ろす場合には、相続関係図、戸籍謄本、印鑑証明書、分割協議書などといった書類の提出が必要となります。

不動産についても、分割協議書に基づいて所有権の移転登記を行うことになります。

また、英米系の国では、プロベイトという手続が行われ、家庭裁判所(プロベイト コート)の監督のもとに、相続財産管理人が選任され、相続財産管理人が財産の見積もりを行い、相続人に分配することになります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
外国籍の相続人の相続権について
相続人が外国籍である場合の相続権 配偶者など相続人の中に外国籍の方がいる場合、相続権はどのようになるのか、遺産を相続できるのか気になるところです。 このケースのように外国と何らかの関わりを持つ相続のことを渉外相続といいます。 この渉外相続については各 […]
サイン証明(拇印証明)の取得方法
サイン証明(拇印証明)の取得方法 サイン証明(拇印証明)の取得方法として滞在先の海外の日本国の領事館内での取得を可能にします。 滞在先の日本大使館や、領事館で確認することが必要です。 サイン証明にも2種類のタイプがあり、しっかりと形式が分かれています […]
アメリカ市民権を持っている相続人がいる場合の手続き
アメリカ市民権を持っている相続人がいる場合の手続き 日本では、二重国籍が認められていませんから、アメリカ市民権を持っているという事は、日本国籍を失うことになります。 日本国籍がない相続人がいる場合でも、特に通常の相続と変わらず相続することができます。 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306