生活保護を受けている方の相続放棄について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

生活保護を受けている方の相続放棄について

生活保護を受けている方の相続放棄について

生活保護を受けている方であっても、当然、相続をすることが出来ます。
しかし、生活保護を受給されている方が生活保護を受給したまま保有することが出来る資産が定められています。

以下の資産については、基本的に保有することが出来る資産となります。

■居住用に必要最低限な資産
■事業用に必要最低限な資産
■処分することが出来ない資産
■又は処分することが著しく困難なもの等

従って、相続により保有することが出来る資産以外の資産を取得することになった場合には、生活保護受給資格を満たさなくなり、生活保護費の支給を受けることができなくなってしまう場合があります。

相続が発生した場合に生活保護の受給を受け続ける為、相続放棄を考える方もいらっしゃるかと思います。
しかし、生活保護を受けている方が相続財産を受け取らずに相続放棄をするということは、活用できる財産があるのに活用せずに保護費を受給するということになります。

生活保護制度は、「生活するために必要最低限な資産以外の資産は処分し、又は他の法律又は制度による保障、援助等を受けることができる者若しくは受けることができると推定される者については極力その利用に努め、最低限度の生活の維持のために必要な費用として活用し、咲いて限度の生活の維持に不足している部分について生活保護を受ける」という考えにとなっています。

相続を放棄するということは、活用できる資産の取得を自ら放棄するという、生活保護制度の原理原則に反した考えとなってしまうため、一般的には相続放棄をすることが難しくなっています。

基本的には生活保護を受けている方の相続放棄は難しいですが、負の財産が多い相続の場合には、資産活用等が出来ないと考えられることから、このような場合においては、相続放棄も可能になる可能性もあります。

また、財産の内容や金額により生活保護の受給を継続できるか否かの判断が必要になりますので、必ず役所の生活保護の担当の方に相談していただく必要があります。財産一覧に漏れがある場合などは資産隠しと見られ不正受給と見られる可能性もありますので、財産の調査は綿密に行う必要があります。

再度、生活保護を受給しようとする場合には、相続により取得した財産を含め、保有することが出来る資産以外の資産を全て費消した後でなければ、生活保護の申請することが出来ないと考えられます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続放棄の際のハンコ代の相場について
“ハンコ代”とは ハンコ代とは、法的には支払い義務がありませんが、物事を円滑に進めるため、承諾を要する相手側に支払うお金のことです。相続では一般的に、遺産分割協議書に署名捺印してもらうために支払うお金のことをいいます。 ハンコ代は、これだけ支払うので […]
生活保護を受けている方の相続放棄について
生活保護を受けている方の相続放棄について 生活保護を受けている方であっても、当然、相続をすることが出来ます。しかし、生活保護を受給されている方が生活保護を受給したまま保有することが出来る資産が定められています。 以下の資産については、基本的に保有する […]
生前贈与と相続放棄
生前贈与と相続放棄 生前贈与は、文字通り、ご健康な間に将来遺産となる可能性がある資産を無償で譲渡することをいいます。生前贈与は、主として相続税対策として多く利用されます。贈与税は年110万円までであれば課税されません。そのため、毎年少しずつ財産を贈与 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306