生前にリフォームをした場合の相続税評価|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

生前にリフォームをした場合の相続税評価

生前にリフォームした場合の相続税評価

現預金を持っていると額面通りの金額で相続税上は評価されます。

そこで、相続税対策としてアパートを建てたり、購入したりして、不動産の評価減を利用する対策が広く行われていますが、今やアパートも空室のリスクが高く相続税対策どころではありません。

そこで相続税対策にお困りの方にお勧めなのが、リフォームです。

自宅をリフォームして現金を減らすことで、工事によって現金が減る一方で、自宅がメンテナンスされ、資産価値が上がります。

リフォームした家屋の評価について

システムキッチン、トイレ、浴室等のリフォーム工事代が1,000万円掛かった場合でも、建物の評価は変わりません。

これは、家屋と構造上一体となっている設備は、家屋の価額に含める(財基通92-(1))とされているためです。

原則として、建物の床面積の増加あるいは減少を伴わないリフォーム工事が行われた場合には、建物の固定資産税評価額の改定は行われません。

ここで財産評価基本通達92-(1)を詳しく見てみると、家屋と構造上一体となっている設備、例えば、家屋の所有者が有する電気設備、ガス設備、衛生設備、給排水設備、温湿度調整設備、消火設備等で家屋に取り付けられ、その家屋と一体となっているものは、家屋の価額に含めて評価することになっています。

これらの設備は、固定資産税の評価においても家屋の価額に含めることとされているので、その価額が固定資産税評価額に含められていない場合を除き、特別に評価する必要はありません。

ただし、工事内容によっては固定資産税評価額が増加する場合があるので、事前に確認が必要です。

以上より、リフォームにより現金が減り、床面積の増減を伴わないリフォームであれば固定資産税評価額が変わらないため、相続発生前に相続財産を減らすという点においては、税金対策として有効です。

実際に相続税が出るか否かは別にして、リフォーム後の不動産評価額がリフォーム代と同額上がることは考えられませんので、相続前にリフォームされるのがいいと思います。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
建物更生共済の基礎知識と税金(相続税・所得税)
1.建物更生共済とは? JA共済が販売している、「建物更正共済むてき」という共済制度があります。 一般的に「建更(たてこう)」と略されているこの商品は、一種の火災保険と言える共済制度ですが、一般的な火災保険のほとんどが掛け捨て型となっているのに対し、 […]
建物更生共済と相続税
建物更生共済とは JA共済が販売している、「建物更生共済むてき」という共済制度があります。 「建更(たてこう)」と略されているこの商品は、火災や台風、地震などから建物や家財を保証する一種の火災保険と言える共済制度です。 一般的な火災保険のほとんどが掛 […]
再建築価額と相続税評価額
再建築価額と相続税評価額 再建築価額と相続税評価額家屋を建てるとその家屋に対して固定資産税がかかります。 しかし、家屋の評価額は建築価格と必ずしも同じではありません。 建築価格は一般に、工事費や買った値段となりますが、家屋の評価額は再建築評点数をもと […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145