借地権を相続登記することは可能か|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

借地権を相続登記することは可能か

借地権を相続登記することは可能か

借地権(建物を所有するために、他人の土地に設定された賃借権や地上権)を相続登記することは可能についてですが、答えは可能です。

借地上の建物および借地権を相続するのに、地主の承諾は必要がなく土地の賃貸借契約書を書き換える必要もありません。

地主に土地の賃借権を相続により取得しましたと伝えれば十分です。

ただ、建物の所有権については、相続人名義に相続登記をする必要があります。

なお、借地上の建物を第三者に譲渡する場合には、必ず地主の承諾が必要があります。

よく、借地権の相続を聞きつけた地主から、賃貸借契約書の名義書換や名義書換料の請求をされるケースがありますが、賃貸借契約書をわざわざ作りなおしたり、名義書換料まで支払ったりする義務は全くありません。

ただ、誰が今後借地人となり賃料を支払うのかを地主に内容証明で通知しておくとよいでしょう。

なお、相続した借地権が定期借地権の場合も当然に相続することができますが、存続期間が定められていて、存続期間満了すると借地権は消滅し、建物を解体して土地を地主に返さなければなりません。

定期借地権とは、存続期間を50年以上とする借地権で、契約の更新や延長がなく、建物買取請求なども認められていないものです。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
共有名義の土地の相続について知っておきたいこと
不動産の共有は遺産分割において避けた方がいいと言われています。この記事では共有名義の土地の相続について知っておきたい問題点と、また共有が適してるケースについても解説しますので参考にしてください。 1.共有名義の土地の基礎知識 共有とは、ひとつの物を複 […]
課税時期における実際の面積と登記地積が異なる場合
課税時期における実際の面積と登記地積が異なる場合 登記所(法務局)に備置されている登記事項証明書を取得すると、表題部(土地の物理的現況について記載された部分)に対象となる土地の面積(地積)が記載されています。 また、さらに詳しく地積を測量した図面(地 […]
相続登記を一部だけできるか
相続登記を一部だけできるか 相続登記を一部だけ登記することはできるのでしょうか。 例えば、相続した土地がA、Bとあり、それを二人でそれぞれ相続することになった場合、Aは登記をしてBは登記をしない、というようなことができるのでしょうか。 相続登記は、自 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145