債権債務を相続した方がいい場合|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

債権債務を相続した方がいい場合

債権債務を相続した方がいい場合

財産を相続するとき、プラスの財産よりもマイナスの財産の方が多くなってしまっている場合には、相続放棄をするほうがいい場合があります。

ここで、注意していただきたいのは、「借金ばかりがあるようだから相続放棄する」と、安易に相続放棄の手続きをしないことです。いったん相続放棄すると、騙されたり脅されたりといった特別な理由がない限り、相続放棄を撤回することはできません。

相続放棄には、三ヶ月の熟慮期間があります。この期間内に、本当にマイナスの方が多いのか、よく調べてみることが必要です。

家族が知らない預貯金などの財産は本当に他にないでしょうか?また、借金だと思い込んでいるだけということはありませんか?

例えば、被相続人本人の借金ではなく、他人の連帯保証人になっているだけの場合や、住宅ローンに生命保険がかけられていて、残りのローンは保険会社が負担してくれるような場合など、借金だと思っていたが実際返済の義務が無いものだったということがあります。

相続した財産を処分すれば借金も返済してまだ残りがあるようでしたら、相続放棄をしないで債権債務も相続した方がいいのです。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続放棄の際のハンコ代の相場について
“ハンコ代”とは ハンコ代とは、法的には支払い義務がありませんが、物事を円滑に進めるため、承諾を要する相手側に支払うお金のことです。相続では一般的に、遺産分割協議書に署名捺印してもらうために支払うお金のことをいいます。 ハンコ代は、これだけ支払うので […]
生活保護を受けている方の相続放棄について
生活保護を受けている方の相続放棄について 生活保護を受けている方であっても、当然、相続をすることが出来ます。しかし、生活保護を受給されている方が生活保護を受給したまま保有することが出来る資産が定められています。 以下の資産については、基本的に保有する […]
生前贈与と相続放棄
生前贈与と相続放棄 生前贈与は、文字通り、ご健康な間に将来遺産となる可能性がある資産を無償で譲渡することをいいます。生前贈与は、主として相続税対策として多く利用されます。贈与税は年110万円までであれば課税されません。そのため、毎年少しずつ財産を贈与 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145