贈与税の納税猶予制度について|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

贈与税の納税猶予制度について

贈与税の納税猶予制度について

農業を営む人(贈与者)が、その農業の用に供している農地の全部、採草放牧地及び準農地(農地及び採草放牧地以外の土地で、農業振興地域整備計画において農業上の用途区分が農地もしくは採草放牧地として農業の用に供することが適当であるものとして市町村長が証明したもののことです)の3分の2以上の面積をその農業の後継者(推定相続人の1人)に贈与し、後継者がこれらの農地等を引き続き農業の用に供していく場合においては、一定の条件の基に、後継者に課税される贈与税の納税を猶予し、贈与者または、後継者のいずれかが死亡したときに免除されるという制度です。

なお、贈与税納税猶予制度について何点か注意する点があり、まず第1に、贈与者の死亡により猶予されていた贈与税が免除された場合には、その農地等は贈与者から相続したものとみなして相続税の課税対象となります。

第2に、三大都市圏の特定市の市街化区域内にある農地等については、生産緑地(都市営農農地など)に該当する場合に限って納税猶予の対象となります。

第3に、贈与者もしくは後継者が死亡する前に、納税猶予の適用農地等の売渡し、貸付、転用もしくは耕作の放棄があった場合や農業経営を廃止した場合、継続届出書を提出しなかった場合においては、納税猶予が打ち切られてしまい、納税が猶予されていた贈与税の全額もしくは一部と利子税を納税することとなります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
贈与税の時効
贈与税の時効 贈与税の徴収権には時効があります。 贈与税は租税債権であり、国の債権ですので国税通則法に基づき6年で時効にかかります。 ただ、虚偽申告その他不正の手段により贈与税の申告を免れた場合には、例外として7年の時効となります。 贈与税の基礎控除 […]
特定贈与財産とは
1. 特定贈与財産 一定の要件を満たせば、相続税、贈与税が課税されることなく、現在住んでいる不動産を配偶者へ贈与することが出来ます。 今回は特定贈与財産についてご説明したいと思います。 この特定贈与財産とは以下のいずれかに該当するものをいいます。 ( […]
債務免除と贈与
債務免除とは 民法519条に『債権者が債務者に対し債務を免除する意思を表示したときはその債権は消滅する』とあるように、債権者がその権利を放棄することで債務者の債務が免除されることを債務免除といいます。 債務免除が行われた場合、本来債権者へ弁済されるべ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306