特許権を評価する際の基準年利率|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

特許権を評価する際の基準年利率

“具体例〜特許権の評価の場合〜”

特許権を持つ持つ人が、自分以外の人にその特許権を使用させ、その対価として毎年使用料(特許料)を受け取る場合において、この特許権を評価する場合を考えます。

直感的には、この特許権の評価額は、

(特許権の評価額)=(毎年受け取る使用料の金額)×(受け取る年数)

となるはずです。

しかし、現在の価値と未来の価値は違うため、将来受け取る使用料を現在の価値に直します。

このときに、使われるのが基準年利率の複利原価率です。

よって、将来受け取る使用料を現在の価値に直して評価すると、

(特許権の評価額)=1年目の補償金年額×1年後の複利原価率+2年目の補償金年額×2年後の複利原価率+3年目の補償金年額×3年後の複利原価率+4年目の補償金年額×4年後の複利原価率・・・+n年目の補償金年額×n年後の複利原価率

となります。

実際の評価においては、その財産の将来の収益性を予測した上での評価時点の現在価値に割り戻すために、その月の基準年利率に応じた複利年金原価率や複利原価率等を使用することとなります。

基準年利率を公表する際には参考として、これらが記載された複利表が合わせて公表されています。

基準年利率の表をご覧になりたい場合には、国税庁のHPをご覧ください。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
特定同族会社の判定方法
特定同族会社の判定方法 特定同族会社とは、被支配会社であって、被支配会社であることについての判定の基礎となった株主等のうちに被支配会社でない法人がある場合において、その法人をその判定の基礎となる株主等から除外して判定した場合においても、なお被支配会社 […]
株式保有特定会社とは
株式保有特定会社とは 非上場株式の評価において、資産の保有状況や営業状態が特殊な会社の株価評価をする場合に、上場株式の株価に比準する類似業種比準方式により評価するのが合理的でない会社も多くあります。 株式の保有割合が多い会社、土地の保有割合が多い会社 […]
比準要素1の会社とは
非上場株式の評価 非上場株式を評価する際には、会社の規模(総資産・売上高・従業員数)によって、大会社・中会社・小会社に区分され、それぞれの評価方法により評価します。 原則的評価方式では、同業種の大企業の水準を準用した「類似業種比準価額」とその会社の純 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145