マンション適地と広大地評価|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

マンション適地と広大地評価

マンション適地と広大地評価

広大地の判定にあたってのきにマンション適地とは、マンション用地に適した土地のことです。

つまり分譲マンションデベロッパーが分譲マンション用地として買いたい、不動産業者が賃貸マンション用地として買いたい、と思うような土地のことです。

マンション適地とは、一般的に最寄駅から徒歩10分以内で200坪から300坪以上の土地を指します。

もちろんこれは絶対条件ではなく、その時々の経済情勢やそのエリアの市場動向等によって変わります。

なお、マンション適地かどうかの具体的な判断については、以下のようになっています。

評価対象地について、中高層の集合住宅等の敷地、いわゆるマンション適地等として使用するのが最有効使用と認められるかどうかの判断は、その土地の周辺地域の標準的使用の状況を参考とすることになりますが、戸建住宅とマンションが混在している地域(主に容積率200パーセントの地域)にあっては、その土地の最有効使用を判断することが難しい場合もあると考えられます。

このような場合には、周囲の状況や専門家の意見等から判断して、明らかにマンション用地に適していると認められる土地を除いた戸建住宅用地として広大地の評価を適用することとして差し支えありません。

つまり、マンション適地か、戸建分譲用地かの判断が微妙なときは、広大地として評価してよいということになります。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
広大地判定のフローチャート
広大地判定のフローチャート 広大地のフローチャートに該当するには、以下4つのすべて要件を満たすことが必要となります。 まず第1に、大規模工場用地に該当しないことです。(50,000㎡以上の「大工場地区」の土地の場合には、広大地適用不可となります。) […]
マンション適地と広大地評価
マンション適地と広大地評価 広大地の判定にあたってのきにマンション適地とは、マンション用地に適した土地のことです。 つまり分譲マンションデベロッパーが分譲マンション用地として買いたい、不動産業者が賃貸マンション用地として買いたい、と思うような土地のこ […]
広大な市街地農地の相続税評価
広大な市街地農地の相続税評価 市街地周辺農地及び市街地農地の評価の際、市街地周辺農地及び市街地農地が宅地であるとした場合において、広大地の評価に定める広大地(その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく地積が広大な宅地で都市計画法第4条第12項に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145