中間山林の相続税評価方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

中間山林の相続税評価方法

中間山林の相続税評価方法

山林の中で、市街地近郊にある山林で、売買価格水準が純山林としての売買価格より高い水準にある山林のことを「中間山林」いいます。

では、この「中間山林」の相続税はどのように評価できるのでしょうか?これも純山林と同じように、倍率方式、つまり、固定資産税評価額×倍率で求められます。

森林の相続税評価は、林地と立木に分けて評価されます。

中間山林は、固定資産税の評価額に、国税局が定めた倍率を掛けた価額が評価額となります。

評価基本通達における中間山林の評価方法である倍率方式は、それらの固定資産税評価額が地勢、土層、林産物の搬出の便等に応じ、正常に付設されていることを前提にしているものと解されるため、よくある案件のようにある市が各山林に一律に固定資産税評価額を付設している場合には、それらを適正な評価額に修正した上で、相続税評価倍率を乗じることがなされます。

特別な事情がある場合を除き、定められた評価方法によって画一的に評価がなされます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
保安林の相続税評価方法
保安林とは 保安林とは、水源のかん養、土砂の崩壊その他の災害の防備、生活環境の保全・形成等、特定の公共目的を達成するため、農林水産大臣又は都道府県知事によって指定される森林をいいます。 保安林では、それぞれの目的に沿った森林の機能を確保するため、立木 […]
森林簿とは
森林簿の申請方法 森林簿は、その森林が存在する自治体、または森林組合等で申請し、写しをもらうことができます。 各自治体等により異なりますが、申請する際は、申請書と共に固定資産評価額通知書または課税台帳を提出します。 相続の場合には、戸籍謄本などの所有 […]
山林の相続税評価
山林の相続税評価 土地は不動産登記法や不動産登記法事務取扱手続準則により、用途によって細かく分類されています。 具体的には、宅地や農地、山林、原野、牧場、雑種地に分類されます。 そして、土地に相続があった場合には国税庁の定める財産評価基本通達に基づき […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145