庭園にある立木の相続税評価|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

庭園にある立木の相続税評価

庭園にある立木の相続税評価

立木というのは、土地に生えている1本の木や集団の樹木のことをいいます。

この立木の扱いや所有者はどうなっているかというと、立木は土地の上にある不動産として扱われており、その土地の所有者に所有権があることになっています。

相続税評価をする際には、この立木が植えられている土地がどういった場所なのか、たとえば森林や、庭園など、場所によって評価区分が異なります。

もし相続した立木の生えている場所が、庭園であるなら、その立木の価額は、家屋に付随する庭園設備のひとつに含めて評価されます。

つまり、庭園設備というのは、庭木だけでなく、他にも庭石やあずまや、庭池などがありますので、これらを一まとめにして評価をするということになります。

なお、評価額は、その庭園設備の調達額の100分の70に相当する価額で評価されます。
(財産評価基本通達125および92(3)参照)。

価額=調達額×70%

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
家庭用財産の相続税評価
家庭用財産とは 相続税の課税対象となる財産には、不動産や現金のみならず、家庭用財産といった相続開始の時点で金銭的価値のあるものは全て財産として申告しなければなりません。 それでは家庭用財産とは具体的にどのようなものが含まれるのでしょうか。 家庭用財産 […]
庭園設備の相続税評価
庭園設備の相続税評価 家屋を相続する際には、その家屋の評価額に相続税が課税されます。 この家屋には、不動産登記法の規定で建物として取り扱われていて、かつ家屋として評価されているもの以外にも、電気設備や給排水設備なども家屋としての評価に含まれています。 […]
棚卸資産の相続税評価
棚卸資産の相続税評価 棚卸資産とは、販売目的で仕入れたもののまだ販売されていない商品のことを言います。 俗に言う在庫にあたります。 また、製造業などの場合は、まだ加工されていない原材料なども棚卸資産に含まれます。 棚卸資産も資産ですので、相続の対象と […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145