利付公社債の相続税評価|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

利付公社債の相続税評価

利付公社債の相続税評価

資産運用の方法として利付公社債を利用することも一つの方法です。

利付公社債とは利息の支払いを受けることができる利札が券面についているものをいいます。

社債の一種として、利息の支払いを確実に受けることができるため、金融資産としては安定した収入を期待することができるというメリットがあります。

利付公社債は相続税の評価にあたっては、以下のように評価されることとなっています。

利付公社債の評価方法

(1)上場されている利付公社債の場合には【価額】=(公社債が上場されている金融商品取引所の公表する課税時期の最終価格+源泉所得税相当額控除後の既経過利息の額)×(券面額÷100)

(2)日本証券業協会にて、売買参考統計値が公表される銘柄として選定された利付公社債(上場されている利付公社債を除く。)の場合には価額】=(日本証券業協会から公表された課税時期の平均値+源泉所得税相当額控除後の既経過利息の額)×(券面額÷100)

(3)それ以外の利付公社債の場合には【価額】=(その公社債の発行価額+源泉所得税相当額控除後の既経過利息の額)×(券面額÷100)という算式で評価額を算定することとなっています。

算定方法の考え方としては、上場会社の利付公社債と日本証券業協会の利付公社債については、市場価格が判明するために、市場価格に利息を足し、市場価格がないものについては、発行価格を基準とするという算定方法をとっているということができます。

社債と株式の比較

社債は株式と比較した場合には、利息の支払いによって一定の収益を上げることができることが特徴的です。

また社債権者はあくまでも会社外部の債権者として会社の経営に対して参画しないことになります。

一方で株式の場合には、会社の業績による株価の変動リスクがあるとともに、株価が上昇すれば望外の利益を望むことも可能となります。

また、会社に対する出資者(株主)として、会社内部の意思決定に関与することができるという特徴もあります。

余剰資金を持って社債や株式などの会者に関する金融商品を購入する場合には、それぞれの商品の特質を把握してどのような形で資産運用をしていきたいかという点を考慮されることが重要です。

なお、株式に関しては市場価格がない(上場していない)会社の株式を引き受けた場合には、相続税の計算にあたっては、価格の算定が困難となる可能性があることには注意が必要となります。

金融商品は、ほぼ全ての金融商品が財産的価値があるとして相続税の課税対象となるので、相続税対策を考えることも重要です。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
個人向け国債の相続税評価
個人向け国債とは 個人向け国債(個人向け利付国庫債券)は、日本国が発行している国債であり、その購入者は個人に限定されており上場はされていません。 利払いは年2回、発行月と発行月の半年後の月の各10日に支払われます。 原則として中途換金は発行後1年を経 […]
信託受益権の相続税評価
信託受益権の相続税評価 信託受益権とは、信託財産から生じた利益を受け取る権利のことをいいます。 信託とは、第三者(実際には銀行や信託会社など)に財産の所有権を移転させて、第三者が運用することを託す契約をいいます。 つまり、資産の運用を第三者に任せると […]
貸付金債権の相続税評価
貸付金債権の相続税評価 貸金債権とは、後日、同額のものを返還することを約して、一定量の金銭を貸し付けた場合における、その返還を請求することができる権利をいいます。 貸金債権は、消費貸借契約(民法第587条)の定める契約のうち、金銭を目的物とした場合の […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306