配当落ち株式の評価|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

配当落ち株式の評価

配当落ち株式の評価

株式の配当落ちとはどういう意味なのでしょうか。

株式を発行した会社は、本決算日、中間決算日、そして、その他の配当基準日に、株主に対して剰余金の配当を支払います。

ですから、決算期末の株主には配当が支払われますが、決算期日の後に株主になったら配当が支払われません。

つまり、配当の分だけ翌営業日の株価が下がっているのです。

これを配当落ちと言います。

理論上は決算期日の翌営業日に配当落ちになるのですが、実際は普通取引は四日目決済なので、その四日前の約定の時から配当落ちになります。

ただし、市場の人気次第では株価が下がらないということもあります。

配当落ち株式の評価額は、課税時期が配当落ちの日の前日よりも前の場合や、配当落ちから株式の割り当て、株式の無償交付または配当金交付の基準日までの間に課税時期がある場合には、その課税時期や配当落ちの日の前日より前の最終価格のうちで最も課税時期に近い日の最終価格を、課税時期の最終価格とすることになっています。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
個人向け国債の相続税評価
個人向け国債とは 個人向け国債(個人向け利付国庫債券)は、日本国が発行している国債であり、その購入者は個人に限定されており上場はされていません。 利払いは年2回、発行月と発行月の半年後の月の各10日に支払われます。 原則として中途換金は発行後1年を経 […]
信託受益権の相続税評価
信託受益権の相続税評価 信託受益権とは、信託財産から生じた利益を受け取る権利のことをいいます。 信託とは、第三者(実際には銀行や信託会社など)に財産の所有権を移転させて、第三者が運用することを託す契約をいいます。 つまり、資産の運用を第三者に任せると […]
貸付金債権の相続税評価
貸付金債権の相続税評価 貸金債権とは、後日、同額のものを返還することを約して、一定量の金銭を貸し付けた場合における、その返還を請求することができる権利をいいます。 貸金債権は、消費貸借契約(民法第587条)の定める契約のうち、金銭を目的物とした場合の […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145