農地の相続税評価|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

農地の相続税評価

農地の相続税評価

土地を相続すると、その土地の評価額に基づいて相続税が課税されます。

しかし、農地は、原則として都道府県知事の許可がない限り、用途を変えたり譲渡したりすることができません。

権利に制限がある分、通常の土地の評価とは異なります。

農地では、制限の度合いや所在地による区分に分け、どの区分に属するかによって異なる評価がされます。

まず区分ですが、純農地、中間農地、市街地周辺農地、市街地農地の四つに分けられています。

純農地と中間農地は、その農地の固定資産額に、国税局が定めている一定の倍率をかけて評価(倍率方式)します。

市街地周辺農地は、その農地が市街地農地である場合の価額の80パーセントの金額によって評価します。

最後に、市街地農地は、宅地比準方式または倍率方式によって評価します。

宅地比準方式とは、その農地が宅地であるとした場合の価額から、農地を宅地に転用するのにかかる造成費の額をさし引いた金額で評価します。

当サイトの運営法人

セミナー

4000人以上に選ばれている
相続専門の業界大手税理士事務所



関連性が高い記事
第一種農地とは?第二種農地とは?
第一種農地とは?第二種農地とは? 農地の第一種また第二種とはどんな区分なのでしょうか? 「第1種農地」とは、農業公共投資(土地改良事業等)の対象となった、補助金をいっぱい使って立派に整備した農地、集団農地、生産力の高い農地で、例えば20ha以上の規模 […]
甲種農地とは?乙種農地とは?
甲種農地とは?乙種農地とは? 市街化調整区域内の「甲種農地」と「乙種農地」はどう違うのでしょうか? 「甲種農地(こうしゅのうち)」とは、市街化調整区域内にある農業公共投資の対象となった8年以内の優良農地で、規模が20ha以上、高性能な農業機械による営 […]
農業相続人とは
農業相続人とは 被相続人が農業を営んでいた場合、後を継ぐ者がいるかいないかでは大きな違いが出てきます。 相続人でその農地等を取得し、相続税納税期限までに農業を開始し、その後もその農地で引き続き農業を営んでいくと認められた人のことを農業相続人といいます […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145