公共公益的施設用地の負担の要否|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

公共公益的施設用地の負担の要否

公共公益的施設用地の負担の要否

広大地に関しては、公共公益的施設用地の負担が必要になる場合があります。

広大地というのは、その地域での標準的な宅地の面積に比べて著しく広大で、都市計画法による開発行為をしようとしたときに、公共公益的施設用地の負担が必要になる土地のことをいいます。

つまり、広大地と判定されるためには、公共公益的施設用地の負担が必要かどうかがカギになるわけです。

では、どのようなものが公共公益的施設用地の負担が必要になるのでしょうか。

広大地が負担する公共公益的施設用地とは、戸建住宅分譲用地として開発した場合を前提としています。

そのため、経済的に最も合理的に戸建住宅の分譲をした場合に、その開発区内に新しく道路を設置する必要があるものが広大地となります。

したがって、公共公益的施設用地の負担が、ごみ集積所などの小規模な施設の設置にとどまる場合や、セットバック部分のみを必要とする場合、また、間口が広く、奥行きが標準的な土地である場合には、開発行為を行おうとするときでも公共公益的施設用地の負担はほとんど必要ありません。

よって、広大地には該当しません。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
広大地判定のフローチャート
広大地判定のフローチャート 広大地のフローチャートに該当するには、以下4つのすべて要件を満たすことが必要となります。 まず第1に、大規模工場用地に該当しないことです。(50,000㎡以上の「大工場地区」の土地の場合には、広大地適用不可となります。) […]
マンション適地と広大地評価
マンション適地と広大地評価 広大地の判定にあたってのきにマンション適地とは、マンション用地に適した土地のことです。 つまり分譲マンションデベロッパーが分譲マンション用地として買いたい、不動産業者が賃貸マンション用地として買いたい、と思うような土地のこ […]
広大な市街地農地の相続税評価
広大な市街地農地の相続税評価 市街地周辺農地及び市街地農地の評価の際、市街地周辺農地及び市街地農地が宅地であるとした場合において、広大地の評価に定める広大地(その地域における標準的な宅地の地積に比して著しく地積が広大な宅地で都市計画法第4条第12項に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145