上場株式の原則的評価方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

上場株式の原則的評価方法

上場株式の原則的評価方法

株式を相続した時は、その株式が金融商品取引所に上場されているか、上場されていないかで相続税の評価方法が変わってきます。

今回は、上場株式の原則的評価方法について説明しましょう。

上場株式は、課税の時点での、その株式が上場されている金融商品取引所が公表する最終価格によって評価することとなっています。

ただし、課税時期を含む一ヶ月間の最終価格の平均額か、前月一ヶ月間の最終価格の平均額か、前々月一ヶ月間の最終価格の平均額のどれか一つでも、上記の課税時点での最終価格よりも低いものがあれば、当月の最終価格の平均額、前月の最終価格の平均額、前々月の最終価格の平均額のうち、一番低いものを選んで評価します。

課税時点に最終価格が無なかったり、株式に権利落ちなどがあったりすれば、これにさらに所定の修正が加えられることとなっています。

例外として、負担付贈与や、個人間で取引をして上場株式の取得する場合には、課税時点での、その株式が上場されている金融商品取引所が公開した最終価格でのみ評価されます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
個人向け国債の相続税評価
個人向け国債とは 個人向け国債(個人向け利付国庫債券)は、日本国が発行している国債であり、その購入者は個人に限定されており上場はされていません。 利払いは年2回、発行月と発行月の半年後の月の各10日に支払われます。 原則として中途換金は発行後1年を経 […]
信託受益権の相続税評価
信託受益権の相続税評価 信託受益権とは、信託財産から生じた利益を受け取る権利のことをいいます。 信託とは、第三者(実際には銀行や信託会社など)に財産の所有権を移転させて、第三者が運用することを託す契約をいいます。 つまり、資産の運用を第三者に任せると […]
貸付金債権の相続税評価
貸付金債権の相続税評価 貸金債権とは、後日、同額のものを返還することを約して、一定量の金銭を貸し付けた場合における、その返還を請求することができる権利をいいます。 貸金債権は、消費貸借契約(民法第587条)の定める契約のうち、金銭を目的物とした場合の […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306