専門家が教える法定相続分の基礎知識・まとめ|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

専門家が教える法定相続分の基礎知識・まとめ

1.法定相続分とは?

相続が発生した時点で遺言がないときには、民法が規定している相続財産の分配方法によって相続することになっています。

この民法が定める割合を法定相続分といいます。

法定相続分は、配偶者と子供が相続人の場合は、配偶者と子供とで半分ずつです。

配偶者が死亡しているときは、子供が全て相続します。

配偶者と父母が相続人の場合は、配偶者が三分の二、父母が三分の一を相続します。

偶者が死亡しているときは、父母が全て相続します。

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合は、配偶者が四分の三、兄弟姉妹が四分の一を相続します。

配偶者が死亡しているときは、兄弟姉妹が全て相続します。

例えば、相続人が妻と子供三人なら、妻が二分の一、子供が六分の一ずつ分けます。

また、相続人が配偶者と、弟、妹なら、配偶者が四分の三、弟と妹は八分の一ずつ分けます。

「内縁」の関係者は、相続人とはなりませんので、内縁の妻と子供二人の家族の場合は、子供が二分の一ずつを相続します。

2.法定相続分は無視していいのか?

上記のように民法では法定相続分が定められていますが、実際の相続の際にこの法定相続分とかけ離れた遺産分割をすることは可能なのでしょうか?

結論は、「法定相続人全員が同意すれば、分け方は自由」となります。

民法で定める法定相続分は、絶対的な決まりではないため、法定相続人全員が同意していればどのような割合で遺産を受け取っても問題ありません。

しかしながら、遺産分割で争いごとになってしまった場合や、家庭裁判所での調停の際には、民法が定める法定相続分が目安となることが多いと覚えておきましょう。

3.法定相続分よりも強力な遺言の存在

民法で定められている法定相続分ですが、遺言があった場合には、遺言が優先されることになります。

これは法律上、財産を相続する人の意思よりも、財産を遺す人の意思を尊重しているためです。

このため遺言があった場合には、「相続人全員が同意しない限り、遺言通りに相続される」ことになります。

相続人が不仲である等、相続発生時に争いが起きるようなことが想定される場合には、遺言を残しておくことで、争いの芽を摘むことができます。

生前からの準備と思いやりが大切です。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
一親等の血族とは
一親等の血族とは 一親等の血族とは、ご自身から起算して親または子を指します。 血族には血のつながりがある自然血族のみならず、養子縁組関係を結んだ養親・養子という法定血族も含みます。 つまり、一親等の血族とは、ご自身を基準とした場合、実親・実子・養親・ […]
相続分不存在証明とは
相続分不存在証明とは、「私は、被相続人から生前特別受益を受けていたので、相続分はありません」と証明する証書のことです。 特別受益とは被相続人から受けていた生前贈与のことで、受けていた人は特別受益者と呼ばれます。 特別受益には大学の学費、開業資金などの […]
相続人同意書とは
相続人同意書とは 相続発生後、故人の遺産や負債を分けるにあたっては、様々な場面で相続人の同意書が必要となるケースがあります。 現在の民法においては、故人が残された遺産・負債いずれもが相続人の意思に関わらず、すべて包括承継されることとなっています。 そ […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145