相続で弁護士さんが必要な時|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

東京(日本橋)
横浜大阪(本町)
無料面談のご予約はこちら

0120-390-306 365日9時-21時 土日夜間の面談OK

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

相続で弁護士さんが必要な時

相続で弁護士さんが必要な時

いざ相続ということになると、誰に相談すればいいのかわからなくなってしまいますね。

一番いいのは、弁護士さんに相談することです。

遺産相続では、必ずと言っていいほど、交渉や裁判の機会があります。

例えば、遺言がなかったり、遺言の内容に納得がいかなかったりした場合には、他の相続人と交渉しなければなりません。

場合によっては裁判となる事だってあります。

このとき、弁護士が交渉を取り仕切って、分配の方法を決めたり、遺留分減殺請求をしたりする必要があります。

裁判となった場合も、相手が弁護士に依頼していれば、こちらも弁護士に依頼しなければ裁判は圧倒的に不利な状況になってしまいます。

交渉や裁判は、弁護士にしかできない仕事です。

弁護士の資格を持っていなければ、報酬を得て交渉などの法律事務を取り扱うことはできません。

そして、弁護士はほとんど全ての法律業務を行うことができる、いわばオールマイティな専門家ですから、相続に関するその他の問題も解決してくれます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続における居住権の主張
居住権とは 「居住権」という言葉は法律用語としての定義はありません。 一般的に、居住権とは、賃借権がなくなった後も、事実上継続して居住できる権利をいいます。 通常、他人所有の家屋に居住する場合には、契約に基づく賃借権が必要となります。 賃借権は、賃貸 […]
実子と養子の違い
実子と養子の違い 実子と養子は明らかに違いがあります。 実子は血縁関係のある子であり、養子は血縁関係のない子です。 これは、どうしても変えることのできない事実です。 しかし、身分を保障する法律上ではそこに変化が生じるため、遺産相続の場合などの為にこの […]
相続で実印登録がない場合
相続で実印登録がない場合 相続手続きにおいては、様々な場面で実印を押す必要があります。 実印とは、会社等法人の場合には登記所(法務局)で印鑑届書において提出した印鑑(通称は会社印・会社の実印・丸印・社長印などと呼ばれます)、個人の場合には市区町村に届 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2016 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-390-306