根抵当権の相続手続き|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

根抵当権の相続手続き

根抵当権の相続手続き

遺産相続の際に、根抵当権を相続した場合の注意点と手続きに関してここでは紹介します。

根抵当権の元本を相続が開始した時点で確定させず、元の根抵当権として継続させたい場合は債務者の後継者を定める合意の登記の手続きを行わなければいけません。

その手続きができる期間は、相続が開始されてから6か月以内と民法で定められています。

もし、設定期間以内に登記手続きを行わなければ対象となる根抵当権の元本が確定され、その時点で債権が確定し普通の抵当権と性質を同じものにします。

よって、この根抵当権での新たな借り入れなどは不可能になり、確定した債務の返済のみが後に続いていくということになります。

根抵当権での新たな借り入れを継続したい場合は、前述したように6か月以内に登記の手続きをする必要があります。

次の債務者を確定させ、根抵当権設定者がそれに合意すればその登記ができます。

登記手続きをすれば、この根抵当権での新たな借り入れを続けていくことができます。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
共有名義の土地の相続について知っておきたいこと
不動産の共有は遺産分割において避けた方がいいと言われています。この記事では共有名義の土地の相続について知っておきたい問題点と、また共有が適してるケースについても解説しますので参考にしてください。 1.共有名義の土地の基礎知識 共有とは、ひとつの物を複 […]
課税時期における実際の面積と登記地積が異なる場合
課税時期における実際の面積と登記地積が異なる場合 登記所(法務局)に備置されている登記事項証明書を取得すると、表題部(土地の物理的現況について記載された部分)に対象となる土地の面積(地積)が記載されています。 また、さらに詳しく地積を測量した図面(地 […]
相続登記を一部だけできるか
相続登記を一部だけできるか 相続登記を一部だけ登記することはできるのでしょうか。 例えば、相続した土地がA、Bとあり、それを二人でそれぞれ相続することになった場合、Aは登記をしてBは登記をしない、というようなことができるのでしょうか。 相続登記は、自 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145