借金を相続放棄する方法|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

借金を相続放棄する方法

借金を相続放棄する方法

被相続人の遺産相続にあたり、自らが相続人であると確定しました。しかし、遺産には土地や建物などの財産は勿論含まれますが、借金などマイナスの財産が含まれていることも多々あります。

一般的に遺産相続をするということは、その財産がプラスであれマイナスであれ全てを相続しますので、不動産だけ相続して借金は相続しませんということはできません。

借金がない、もしくは借金の額が少なくそれを相続しても支障をきたさない場合は、何の問題もなく遺産相続をすればよいのです。しかし、借金の額が大きい、もしくは借金の額がプラスの財産よりも上回っているという場合もあります。そういう場合の為に、相続放棄という方法があります。すべての遺産において、相続人でなくなるということです。

相続放棄は、被相続人の最後の住所地を管轄している家庭裁判所に、必要書類と費用を用意した上で申し立て申請します。相続放棄を家庭裁判所に申述できる期間は3か月と決まっています。相続が始まったことを知ってから3か月以内です。問題なく受理されれば相続放棄申述受理証明書が発行され手元に届きます。

相続放棄をする上で知っておいてほしいのは、被相続人の財産に少しでも手をつけてしまっている者は相続放棄できないということです。よって、遺産相続の際には、遺産目録を事細かに、漏れのないようしっかり作成できるよう良く調査しましょう。後から莫大な借金があったことが分っては大問題です。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
相続放棄の際のハンコ代の相場について
“ハンコ代”とは ハンコ代とは、法的には支払い義務がありませんが、物事を円滑に進めるため、承諾を要する相手側に支払うお金のことです。相続では一般的に、遺産分割協議書に署名捺印してもらうために支払うお金のことをいいます。 ハンコ代は、これだけ支払うので […]
生活保護を受けている方の相続放棄について
生活保護を受けている方の相続放棄について 生活保護を受けている方であっても、当然、相続をすることが出来ます。しかし、生活保護を受給されている方が生活保護を受給したまま保有することが出来る資産が定められています。 以下の資産については、基本的に保有する […]
生前贈与と相続放棄
生前贈与と相続放棄 生前贈与は、文字通り、ご健康な間に将来遺産となる可能性がある資産を無償で譲渡することをいいます。生前贈与は、主として相続税対策として多く利用されます。贈与税は年110万円までであれば課税されません。そのため、毎年少しずつ財産を贈与 […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145