認知していた子がいる場合の相続|相続税の申告相談なら【税理士法人チェスター】

相続税(税理士・計算)なら税理士法人チェスター

  • ホーム
  • サービス
  • 各種プラン/料金
  • 法人案内
  • 相続専門税理士の選び方
  • 問合せ/資料請求

認知していた子がいる場合の相続

認知していた子がいる場合の相続

遺産相続を機会に、小さいころから育った兄弟姉妹の他にも自分たちに異母兄弟や異父兄弟がいたことが分かることもあります。被相続人が生前に認知していた子がいる場合です。

被相続人に認知していた子がいる場合、その子に相続権はあるのでしょうか。

実子、いわゆる嫡出子に対して実父は認知はできません。

それは、法律で婚姻関係にある夫婦から生まれた子は父親と母親をその夫婦とすると定められているからです。

よって、認知が存在するのは非嫡出子といって、婚姻関係にない男女間に生まれた子のことを言います。子を認知するということは、その生理上の父または母がその子との間に血縁上の親子関係が存在することを認めることです。

よって、法律上認知された子はその身分を保証されることになります。

被相続人に認知した子がいた場合、前述の理由からその子には相続人になる権利があります。しかし、相続分の割合は嫡出子と非嫡出子で同じとしません。非嫡出子の相続分は嫡出子の2分の1と定められています。

チェスター相続ビジネスクラブのご案内
関連性が高い記事
婚姻関係終了届とは
姻族関係とは 法律上では、結婚すると配偶者との婚姻関係とともに、配偶者の両親や兄弟などの血族との姻戚関係が結ばれます。つまり、血のつながりがなくても、結婚によって配偶者の血族と親戚関係になるということです。 姻族関係は、配偶者と離婚した場合には、婚姻 […]
代襲相続と法定相続人の人数
1.代襲相続とは? 代襲相続とは、相続人が被相続人より先になくなっていた場合、先になくなったからといって先代の財産が引き継がれないことは不公平であるとされ、相続人の相続人(孫等)が代わって被相続人の財産を相続する制度です。 例えば被相続人Aが死亡し、 […]
相続関係図の書き方
相続関係説明図への記載事項 被相続人の死亡した年月日と死亡時の住所と氏名、相続人の生年月日と住所と氏名を記載します。 今回の被相続人の法定相続人が死亡している場合にはその者の死亡した年月日と氏名を記載します。 また、それぞれの氏名の前には今回の相続に […]
カテゴリから他の記事を探す

キーワード検索

入力されたキーワードに一致した記事を検索できます。

ページトップへ

今すぐお問い合わせ

税理士法人 チェスター

Copyright © 2017 税理士法人チェスター. All Rights Reserved.
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町3-4-7 ヒューリック日本橋室町ビル10F  TEL:0120-888-145